浦和フットボール通信

MENU

【8/19 レッズ練習レポート】いざ!首位攻防戦!ペトロヴィッチ監督「持てる力を出して、全力で闘い勝利したい」

TAK_7882_R
(Report by 河合貴子)

いざ!首位攻防戦、川崎に挑む!!

残暑厳しい中、日差しが和らいだ午後3時半過ぎから首位攻防戦となる川崎戦に向けて試合前日練習が始まった。

左足首捻挫で戦線離脱している平川忠亮選手の他に、名古屋戦後に体調不良で関根貴大選手が連日の練習を不参加。また、明日の8月20日、10時キック埼玉スタジアムの第3グランドで開催されるプリンスリーグ対山梨学院大学戦のために、ユースの橋岡大樹選手と渡辺陽選手が練習不参加となった。そのため、通常3グループに分かれて行われるアップのボール回し通称“鳥かご”は、GKを除く10人の2グループで行われていた。

年間首位と2ndステージ優勝に向けての首位攻防戦を前に、リラックスした雰囲気で選手たちから笑顔がこぼれていた。ただ、基本のパス練習の中、森脇良太選手だけがロングボールにズレが生じて何度も首を横に振る仕草を見せていた。一緒に練習していた那須大亮選手が「モリ~大丈夫か?!右にズレているぞぉ」と心配して声を掛けるほどであった。

TAK_7785_R

アップ後は、夏場の試合前日練習で恒例になって来た後方からの攻撃組み立てパターン練習が行われた。また、相手のDFラインは、ペナルティーアーク付近に想定されていた。

(残り 1925文字/全文: 2445文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ