浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の試合レビュー】プレナスなでしこリーグカップ準決勝 vs 日テレベレーザ<筏井、平尾、北川、猶本、乗松、後藤、吉田監督コメントあり >

なでしこリーグカップ準決勝、日テレに完敗

雨が降ったり止んだりと落ち着かない天気になった8月27日。3年ぶりの開催となったプレナスなでしこリーグカップ。Bグループを2位通過した浦和は、Aグループを1位通過した日テレ・ベレーザと決勝進出を掛けて対戦。奇しくも、なでしこリーグ第22節を終えた時点で圧倒的な強さを見せて1位の座に君臨する日テレと最下位に沈み降格の危機にさらされている浦和との対戦となった。浦和としたら何とか日テレに食らいつき、リーグ後半戦の浮上のきっかけを掴みたいところ。

日テレは、ベストメンバーとも言える万全な態勢で臨んできた。浦和は、カップ戦をここまで引っ張って来た柴田華絵選手が、コンディション不良のために欠場を余儀なくされ、塩越柚歩選手が右サイドを任されることとなった。

日テレのキックオフで開始された試合は、前線からプレスを掛けて嵌めていく浦和の守備を逆手に取るように日テレがロングボールを多用してきた。

筏井りさ選手は「相手は、低い位置からドンドン回してくるイメージだったので、リーグの開幕戦と同じように前から人に対してプレッシャーを与えようと遣ったが、簡単に裏を使ってきて一発で遣られて流れが掴めなかった」と話した。浦和は、プレスが嵌まらずに前半立ち上がりから攻撃のリズムが作れずにいた。

そして10分、長谷川唯選手から浦和のDFの裏を突くパスに抜け出した田中美南選手が、平尾知佳選手と交錯しながら放ったシュートが無人のゴールへ。長船加奈選手と北川ひかる選手が、必死に戻りクリアーを試みるものの無情にもゴールネットを揺らすことになってしまった。

平尾選手は「クリアーするか、しないかで迷ってしまった。もっとキーパーって言って自分がキャッチ出来たら失点はなかった。1失点したのは、自分のミス。失点を抑えれば接戦の試合になった」と先制されたシーンを振り返った。

(残り 1504文字/全文: 2290文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ