浦和フットボール通信

MENU

【選手ミニコラム】果たしてバナナ効果は・・・~駒井善成選手

TAK_8674_R

(Report by 河合貴子)
随分と昔の話であるが、オシム監督が「ライオンに追われたウサギは足を攣ることはない。選手が準備不足だから足が攣るのだ」と厳しく両断した話しは有名である。

川崎戦で両足がボロボロの状態になった森脇良太選手は「最後まで闘えない自分がいました」と恥じていた。確かに、オシム監督の話しのように足が攣ったウサギを見たことはない。

だが、一概に準備不足と言ってしまうは、ピッチで全力を出し切り闘っている選手に申し訳ないように思えてしまう。特に、必要以上に汗をかく夏場は、足が攣る選手が多い。汗と共に、筋肉の収縮に関わるマグネシウムやカリウムが排出されてしまうからだ。

浦和の場合、攻守の切り替え早く上下運動や中へ切れ込む動きなどワイドの選手に掛かる負担は大きい。8月27日ノエスタで行われた神戸戦でのトラッキングデーターを見ると、走行距離11,838㎞で両チーム通して一番走っていたのが駒井善成選手であった。

フル出場した駒井選手であったが「リーグ戦は、足が攣ってパワーダウンした。ペース配分を考えないといけない。前半、良かったが後半続けることが出来なかった。しっかりと身体をケアする」と足が攣りながら後半の終盤プレーをしていたことを明かした。

(残り 834文字/全文: 1359文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ