浦和フットボール通信

MENU

<ハイライト動画付>【河合貴子の試合レビュー】明治安田生命Jリーグ2ndステージ第11節 vsサガン鳥栖<柏木、西川、宇賀神、武藤、李コメントあり >

リーグ再開となった鳥栖戦、カップ戦連勝の流れで連敗を止める

夕方になると、風が涼しく感じられる9月10日。それでも、ピッチの湿度は73%とかなり蒸し暑い状態であった。YBCルヴァンカップ準々決勝を2連勝し波に乗る浦和は、その勢いでリーグ2連敗を止め年間首位と2ndステージ優勝に向けて弾みを付けたい。

ハムストリングの肉離れで代表を辞退し、鳥栖戦復帰を目指して調整してきた槙野智章選手が、スターティングイレブンに名前を連ねる中、カップ戦で好調だった那須大亮選手を3DFの真ん中に起用し、さらにカップ戦と同じくズラタン選手のワントップに武藤雄樹選手と高木俊幸選手をシャドーで起用してきた。

浦和のキックオフで始まった試合は、開始早々にこぼれ球を拾った森脇良太選手がミドルシュートを放ち攻撃的な姿勢を見せていった。

鳥栖は、豊田陽平選手とムスタファ・エル・カビル選手のツートップとして4-3-1-2の布陣で挑んで来た。鳥栖は、浦和の攻撃に対して高橋義希選手がDFラインに入り5DFを形成し、縦に早い攻撃を仕掛けて来た。

柏木陽介選手は「ゲームの入りが良くなかった。相手の回しのところに行けてなかった」と話した。西川周作選手も「15分ぐらい、バタバタした。ゼロで行ければ良いと余裕があったが、芝生がねちっこくて繋ぐのが難しかった」と浦和らしい後方からの攻撃の組み立てが出来ずにいた。

(残り 1727文字/全文: 2353文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ