浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の試合レビュー】<ハイライト動画付>明治安田生命Jリーグ2ndステージ第14節vsガンバ大阪<高木、武藤、槙野、遠藤、宇賀神、阿部コメントあり>

G大阪に圧勝!2nd首位と年間首位を確保!!

小雨混じりの肌寒い10月1日、心は熱い日となった。何度となく煮え湯を飲まされた宿敵G大阪をホーム埼玉スタジアムに迎えた。2ndステージ、勝ち点31ポイントで首位に立つ浦和は、勝ち点27ポイント3位のG大阪の追撃を阻みたい。

累積カードで関根貴大選手が出場停止だが、槙野智章選手が怪我から復帰し、遠藤航選手も公式戦6試合ぶりにスターティングイレブンに名を連ねた。一方のG大阪は、累積カードによりセンターバック金正也選手が出場停止、今シーズンリーグ戦初先発となる西野貴治選手を起用してきた。

立ち上がりから前プレスを掛けて主導権を握ったのは、浦和であった。6分、駒井善成選手の仕掛けから柏木陽介選手のスルーパスに抜けた出した武藤雄樹選手のグランダーのクロスに高木俊幸選手が合わせて浦和が先制!

高木選手は「ゴール前の良い位置に入れている。恐いところに飛び込めるようになった。ゴール前に入っていくことでチャンスが出来る。ペナルティーエリアの中に入って行こうという意識だった」と話し「自分は、最後に触っただけだった。綺麗なボール回しに一瞬見入ってしまったけど、何となくこの感じだと来そうだなと武藤君が抜け出したときに思った。慎三君もニアでしっかり潰れてくれて、そのあとも自分のところに入って来る予測と準備が出来ていた。冷静に収めることが出来た」と嬉しそうに先制点のシーンを振り返った。

(残り 2501文字/全文: 3151文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ