浦和フットボール通信

MENU

<ハイライト動画付>【横浜戦試合レビュー】最終戦を勝利で飾ることは出来なかったが、年間1位を獲得!<柏木、森脇、関根、駒井コメントあり>

(Report by 河合貴子)

明治安田生命Jリーグ2ndステージ第17節 vs横浜F・マリノス

年間1位を獲得するのには、一点の曇りも無い秋空が広がり最高の舞台が整った。最終戦のチケットは早々と完売し、今シーズン最多となる5万6841人が試合の行方に固唾を飲んだ。
威風堂々の歌声と共に赤・白・黒の“デカ旗“が出現して選手たちを鼓舞し、浦和の年間1位に向けて横浜FMのキックオフで試合が始まった。

横浜FMは、ワントップに富樫啓真選手し4-3-3のシステムで挑んで来た。立ち上がりから主導権を握ったのは浦和であった。

しっかりとブロックを作りゴール前を固める守備の横浜FMに対して、攻守の切り替え早く奪われても直ぐに奪い返す攻撃を見せていった。

柏木陽介選手は「まさかあそこまで固めて来るとは思わなかった。でも、獲られた後の切り替えがみんな出来ていた。今年は、切り替えて相手コートで奪うのは、ダントツ1番で来ていると思う」と自信たっぷりに話すほどで、ワンサイドゲームのように相手陣内へと押し込んでいった。

8分には、森脇良太選手のクロスに興梠慎三選手がヘディングシュート!10分には柏木選手がDFの裏を狙いロングパスを送るも、飛び込んだ高木俊幸選手にはわずかに合わず・・・。更に、13分には駒井善成選手が華麗なドリブルでエリア内に持ち込むも横浜FMの厚いDF陣に阻まれてしまった。

(残り 2005文字/全文: 2630文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ