浦和フットボール通信

MENU

天皇杯4回戦、川崎戦に敗退。柏木「今年、一番酷かった試合と言っても過言ではない」。

天皇杯4回戦・川崎に対して3度のリードも生かせずPK戦の末に敗退。

ポッカリと月が浮かび穏やかな秋の夜となった11月12日。浦和は、天皇杯初戦となる4回戦を等々力陸上競技場にて川崎に挑んだ。Jリーグ年間1位と2位の対決の行方を約2万人の観客が固唾を飲んで見守った。

浦和は、代表で西川周作選手と槙野智章選手が不在であったが大谷幸輝選手がゴールマウスに立ち、宇賀神友弥選手が左のストッパーを任された。対する川崎は、怪我人を抱えているため若手の19歳の板倉選手と三好選手をスタメンで起用して来た。

浦和のキックオフで始まった試合は、立ち上がりから浦和が積極的に仕掛けていった。

8分には武藤雄樹選手が強烈なミドルシュートを放つも決まらず。13分には、駒井善成選手がドリブルでペナルティーエリア内に切れ込み倒されるもノーファールの判定。

対する川崎は、前線からプレスを掛けパスコースを限定し、大久保選手や三好選手が浦和のギャプ突く動きなかからボランチのネッド選手からエウシーニョ選手へと展開して仕掛けてきた。

すると、少しづつ浦和の攻撃のリズムが狂いだし始めた。攻撃の狙いを意図が分からないようなパスミスが多くなり、川崎のショートカウンターを受ける展開となってしまった。

柏木陽介選手は「今年、一番酷かった試合と言っても過言ではない。前半に限っては、チームも悪かったし、個人としても一番悪い試合になった」と意気消沈していた。

(残り 2033文字/全文: 2635文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ