浦和フットボール通信

MENU

【選手ミニコラム】自称“何でも屋”

tak_8395_r

(Report by 河合貴子)
右でも左でも遜色なくプレーが出来るのは、関根貴大選手の強みでもある。11月27日の後方からの攻撃の組み立てパターン練習で両ワイドのポジションでプレーをした。

関根選手は「何でも屋なんでね」とニヤリと笑った。そして「どんなタイミングでも良い準備はしないとね」とチャンピオンシップ決勝の鹿島戦に向けて準備に余念はない。

「期間が空いた中で、もう来たのか?!って感じで、初戦に向けてソワソワしている。期間が空いている時は、長いなって思っていたが、2日前になると違う」と話し「アウェイでの試合は、相手のペースになりがちだ。そこを我慢して闘うことが大事。自分たちが相手を上回れるか、我慢強さが大事なんだ。鹿島は、退いてからのカウンターは迫力をもって来ていて強みだし、守備は自信をもって堪えられる強さを持っている。走って、闘う!」と意気込んだ。

(残り 262文字/全文: 640文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ