浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子、試合のポイント】最後の最後に来て、本当にもったい無い試合をしてしまった。

遠藤「前半失点したところが、一番のキモだった」

年間1位を獲りながらも、シャーレを掲げることもクラブワールドカップ出場も出来ず。浦和は、何も手にすることが出来ないままで終わってしまった。

鹿島の狙いは、ハッキリとしていた。「浦和から2点獲って勝つ」という明確だった。浦和が先制点を奪っても、鹿島にとっては慌てることも無かったのだ。もし、浦和の先制点が後半だったら、鹿島は慌ていただろう。鹿島のゲームプランを考えると、浦和のチャンスがあった前半30分までに追加点を奪うことが大事だった。追加点を奪えないのであれば、しっかりと前半をゼロで終えることが大事だったのだ。

(残り 683文字/全文: 962文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ