浦和フットボール通信

MENU

【This WEEK】週刊フットボールトークVol.66(12/8)

椛沢佑一(浦和フットボール通信編集長)× 豊田充穂 (コピーライター)

椛沢:先週末の試合で2011年のJリーグが終了しました。最終戦の相手となった柏レイソルには目の前で初優勝を決められて、力の差もまじまじと見せつけられる結果となってしまいました。シュート数は25-4。この数字から見ても分かるワンサイドゲームでした。何よりショックだったのは、54000人の大観衆でしたが、アウェイゴール裏だけではなく、メイン、バックスタンドのアッパー席が黄色に染まっていたことでした。聞く所によると1万5、6千人はレイソルのサポーターだったそうです。これはレッズ史上でも初めての光景でした。相手の優勝を見せつけられるのは決して気分の良いものではありません。J2から昇格してきたレイソルにあって、レッズに足りないものは何なのか。ただ悔しいという想いで終わらずに検証しないといけないと思います。

豊田:2階席の柏サポーターの占拠率は凄かったですね。SRの美園駅から徒歩でスタンドに向かったのですが、久々の人数でダフ屋が動いており、さすがにこの最終戦に関してはレッズ戦らしい緊迫が生まれていた。でもフタを開けてみれば増員分は相手サポーターだったということ。ここは本当に埼玉スタジアムなのかと感じ入りました。ある意味客席でも今シーズンを象徴する現象が起こっていたと言うことでしょう。ゲーム、特に前半に関しては現実を思い知らされた。システム上の不適合があったとはいえ、球際の競り合いや攻守の切り替えの早さ、全員の戦術理解であそこまで差ができてしまってはどうにもならない。簡単に中盤で前を向かせてしまうとポジションを変化させながら鋭くスタートを切る選手が複数いる。連動性の熟練やクロスのタイミングや精度も差が大きく、福岡戦で少しばかり感じた手ごたえを打ち砕かれる気分でした。確かにGK加藤順大の後逸には冷水を浴びせられる気分でしたが、勝つことはもちろんドローを狙うにも苦しい力関係だったことは明白。いまさらながら、サポーターもこの現状を受け止めるところからリスタートしなければなりません。

椛沢:試合終了には、橋本代表の挨拶がありましたが、挨拶中、スタジアム全体からの挨拶が全く聞こえないほどの強烈なブーイングが轟き続けました。その後は「辞めろ」コールが起きる事態。残留争いで事態を荒げたくないサポーターが最後に爆発した形だと思います。今シーズンは、スタイル確立を掲げて招聘したフィンケ前監督を切ってペトロヴィッチを呼び、“継続”というクラブの発信とは、全く異なった違うサッカーへの舵を切り、成績は上がることなくGMをシーズン途中で解任して、ペトロヴィッチも途中で解任と、迷走状態は深まるばかりのシーズンでした。観客動員数も昨年から7000人が減り、埼玉スタジアムの半数は空席になる試合ばかりが続いてしまいました。

豊田:実感したのはあれだけの動員があっても、ホーム支持者の大半はゲーム後のあの挨拶後に意思表示をすることに重きを置いていた気配があったこと。この事実を重く受け止めなくてはならないのは我々も同じですが、いままで「地域密着の浦和」とか「熱いサポーター」の修飾をくり返してきたメディアも、ここに明確なコメントが出せないとしたら問題と思いますね。私たちのホームグラウンドで、それこそあらゆるJ史の記憶にも無いようなセレモニーの修羅場を作ってしまったことは事実なのですから。

(残り 1850文字/全文: 3271文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ