浦和フットボール通信

MENU

【This WEEK】週刊フットボールトークVol.71(1/18)

椛沢佑一(浦和フットボール通信編集長)× 豊田充穂 (コピーライター)

椛沢:1月20日の浦和レッズ始動にあわせて、今シーズンの陣容がようやく見え始めてきました。ミハエル・ペトロヴィッチ新監督の下、ケルンから槙野智章、神戸からポポの加入が発表されました。槙野は広島時代もペトロヴィッチのサッカーを体現する一人でしたので大きな戦力になってくれると期待します。あとは試合を決めるストライカーの存在が必要だと思いますが。どうもこの部分は欠けたまま始動をするかもしれません。

豊田:新監督はかつてのインタビューで、「監督がチーム連携の要素をこと細かに植えつけてもJリーグのクラブ自体がそれを引き継ぐのはきわめて困難だ」という意味のコメントを残しています。何とかレッズにおいてはクラブとともに一定の「戦術蓄積」を果たすプログラムを確立して欲しいと思います。選手指導よりも、まずはそのための組織づくりの方が優先タスクであり、難しいとも思うのですが(笑)。その意味で、昨季の降格回避を果たす采配を振るった堀孝史前監督がトップチームに残るという決定は将来を考えれば望ましい判断と思います。

椛沢:昨日の監督就任会見でもチームの土台を創るべく戦術を浸透させていきたいという意気込みを語っていました。詳しくは全文会見をお読み頂ければと思います。さて、先週もお送りした、取材で得た名言集の第2弾は、私がピックアップしたものです。まずは帰国間際にフォルカー・フィンケ元監督から聞いた言葉です。

★日本においてのそのような場所は浦和と静岡をおいて他にない。さらにプロサッカーには欠かすことができない要素。例えば森さんのような人物とか、スタジアムの熱狂とかもあわせ持っている場所はどこですか。URAWAしかないでしょう? URAWAにホームを置く浦和レッズが他にはない可能性を秘めている。

フォルカー・フィンケが、ホームタウンの状況を理解していたのは正直驚きでした。豊田さんもこのインタビューを行ったわけですが、当時思い起こされることはありますか?

豊田:何より思うのは、この部分に言及したフィンケ発言が在任中にはほとんどクラブからもメディアからも発信されなかったことです。「ホーム浦和のサッカー現況に関し、レッズ監督に就任した外国人監督がどのような見解を持っているか」 これはJクラブの本来的な意味を考えればかなり優先度の高いニュースと思うのですけれどね。日本を離れる直前だったあのインタビューの最後にはレッズとバイエルン・ミュンヘンの提携関係も解消されてしまったことを嘆き、我々に「ぜひまた会って議論しよう」と述べた表情が忘れられません。

(残り 843文字/全文: 1940文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ