浦和フットボール通信

MENU

「レッズ2012月刊ライブディスカッション」Vol.4後編

レッズ密着取材を続ける河合貴子氏に、本誌・椛沢編集長が浦和レッズの現状や選手達の思いを毎月訊く「レッズ2012月刊ライブディスカッション」。ミシャ監督が目指すサッカーは何なのか?EUROの試合を引き合いに出して、河合さんが監督に直撃したお話をお訊きしました。(浦和フットボール通信編集部)

Photo by (C)Kazuyoshi Shimizu

椛沢:世間では、欧州選手権(EURO2012)の話題も盛り上がっていますね。ワールドカップ最終予選で、日本代表のレベルが上がったなと思っていた矢先に、EUROでの試合を見ると欧州強豪国は更にスピードを加速させて進化している印象を受けてしまいます(苦笑)

河合:私も眠い毎日を過ごしています。先日行われたスペイン対イタリアの試合を見ていたら、イタリア代表はスリーディフェンスを行なっていて、そのスリーバックも守備の時は5バックになったり、4バックになったりと可変的なディフェンスを行なっていた。これはレッズの守備もイタリアに近いものがあるのではないかと、大原練習場でミシャ監督に聞いたら長話になってしまいました。

椛沢:ミシャ監督は、それについてどうお答えになったのでしょうか。

河合:ミシャさんは、イタリアの3バックを志向する上で、3バックのセンターを務めたデロッシの存在が大きいと言っていました。彼は攻撃能力があり、さらに典型的にストッパータイプで、彼は特に素晴らしかったと。そしてサイドハーフ、レッズで言うところの平川と梅崎のポジションの選手が高い位置でプレッシャーをかけている。我々も今後あのような可能性があると言っていました。

(残り 2851文字/全文: 3535文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ