浦和フットボール通信

MENU

【This Week】週刊フットボールトーク Vol.94(6/29)

仙台戦、そしてナビスコ広島戦。浦和サッカーフェスタで見た「ユナイテッド-ミュンヘンの悲劇」について

椛沢佑一(浦和フットボール通信編集長)× 豊田充穂 (コピーライター)

椛沢:先週末の仙台戦は、首位との差を詰めるチャンスがあった試合でしたが、現状の力を認識してか守りの采配で、スコアレスドローに終わりました。ホームゲームですし、リーグを盛り上がる上でも、もう少し勝負する姿勢を見せて欲しかったというのが率直な感想でした。そして、今週のミッドウィークには、ナビスコカップ広島戦が行われました。残念ながらこの試合を前にレッズは予選敗退が決定してしまっていた消化試合でした。しかし埼玉スタジアムには、14,022人の来場がありました。これはすごい数字だと思います。ゴール裏も「サッカーに消化ゲームなどはない。若手選手の台頭をこの試合で見極めてリーグ戦に繋げよう」とチームを鼓舞しました。

豊田:槙野からエリア左に走り込んだ柏木にグラウンダーが通って、折り返しにデスポトビッチが忠実に飛び込んだ。攻めの決め手が見つからないなかで貴重なゴールだったと思います。それにランコは数少ない自分の出番に、ゲームを通してよくチェイシングやヘッドの競り合いに邁進してくれました。これだけ腐らずにやってくれる外国人助っ人はなかなか居ないのでは? 両軍にとって「消化試合」に過ぎなかったあのゲームに魅力を吹き込んでくれたと思います。

椛沢:前半は少し退屈な時間も続きましたが、槙野、柏木が起点となって決めたランコゴールは、成長の証ですね。ランコのパフォーマンスには物足りない所があるのも事実ですがプロフェッショナルな姿勢は多くの選手が見習うべきところがあると思います。そして浦和出身の矢島慎也のプレーも日に日に良くなっていて頼もしいですね。VIPインタビューに登場するFC浦和で指導した町田さんも彼の活躍に目を細めていました。

豊田:何度かチャンスをものにできずにいたが、最後に決めてくれました。ガッツを感じさせないというか(笑)非常に淡々とボールを扱いながら、いつの間にやらスコアを記録してる。不思議な間合いでシュートチャンスを見つける選手という印象。ただフィニッシュの場面をリプレーしてみると、落ち着いていますよね、彼は……。自分のタッチによほど自信を持っているのだと思う。豪快さは一切ないけど、スペースもタイミングも無いところから確実にDFの網を避けてキックを枠に収める技術はインパクトがありました。

椛沢:飄々としながら大胆なこともしてしまう感じですよね。町田さんの矢島評は、なるほどなと思えるものでした。『彼の良さはテクニックにある。足はけっして早くないが、次の展開が読める子なので、良い所に常にいれるとのことでした。常に落ち着いてプレー出来ているもテクニックの高さが裏付けされているからではないか。小学校のあの時期は大事なんだ』とおっしゃられていましたね。

(残り 1560文字/全文: 2773文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ