浦和フットボール通信

MENU

「レッズ2012月刊ライブディスカッション」Vol.6

レッズ密着取材を続ける河合貴子氏に、本誌・椛沢編集長が浦和レッズの現状や選手達の思いを毎月訊く「レッズ2012月刊ライブディスカッション」。リーグ戦も余すところ7試合。浦和レッズは首位の広島と勝ち点差5の3位。十分頂点も狙える位置で終盤戦に突入する。その浦和レッズは、現在どのような状況なのか。お話をお訊きしました。(浦和フットボール通信編集部)

ジグザグな山道を登るように着実にステップアップをしている。

椛沢:ダービーに引き分けたあと、横浜に2-1、ガンバに0-5、柏に2-1で勝利といろいろな変化があった9月だったと思いますが、どんな印象を受けますか。

河合:ミーシャ監督も選手もよく口にしている言葉だけども、「我々は負けた試合のあと、引き分けた試合のあとに必ず成長をしている」ということ。試合の中から学んでいることがあるということを口にしていて、横浜戦の勝利の前は、悔しい引き分けのダービーがあった。ガンバの試合は本当の完敗だったけれども、そのあとに劇的なレイソル戦があった。ガンバ戦では、遠藤のゲームコントロールのうまさが際立っていましたね。

椛沢:あの試合は、ガンバに完璧に研究をされて抑えられた印象です。最終ラインの永田、阿部を前線のチェイスで押さえ込まれてビルドアップをさせてもらえず、中央を絞められたかと思うと、スライドしてサイドも抑えられてしまった。手も足も出ない試合でした。

河合:本当に、あの時のガンバはすごかったね。二川のいやらしい動きとか、家長が引いて降りてきた時に、レッズはマークの隙ができたり、なんでこんなチームが残留争いをしているんだろうと思った。悔しいけど、“ガンバあっぱれ”だった。レッズとしては、あの試合から学んだことが絶対にあるだろうし、その学んだことがレイソル戦の劇的な試合に繋がったと思う。

椛沢:レイソル戦の劇的な勝利は、ガンバ戦の教訓が繋がっていたものであることは間違いないですね。

河合:矢島選手が試合後に「気持ちという言葉をあまり使いたくないんだけど、気持ちで勝った試合だった」と言っていました。まさにそんな試合だったと思います。今、レッズは、成長過程の中で、負けて痛い想いをしないと気づかないことがあるということでしょう。

椛沢:前半に良い試合をしても、後半に課題が残る試合が続く中で、マリノス戦は前半低調な出来ながらも同点ゴールを決めて、後半に逆転が出来た。これでレッズも一皮むけた試合が出来たと思った矢先に、ガンバ戦では完膚無きまでに叩かれてしまったと、なかなか右肩上がりに成長をするわけにはいかない感じですね。

(残り 4968文字/全文: 6046文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ