浦和フットボール通信

MENU

【This Week】週刊フットボールトーク Vol.109(10/12)

シーズン終盤、問われる力

椛沢佑一(浦和フットボール通信編集長)× 豊田充穂 (コピーライター)

椛沢:先週末の札幌戦は、J2降格が決まったばかりの相手に対してまさかの敗戦となりました。このような相手に弱い歴史があるレッズですが、この試合でも同じ歴史を繰り返してしまいました。柏レイソル戦での劇的な勝利を繋げるためにもこの試合をモノにしようとサポーターも意気込んでのサポーティングでしたが、スタジアム全体が相手を見下していた雰囲気があったことも事実だと思います。「なぜそれが決められないんだ」という雰囲気が続いて、この試合を勝ち取るんだという雰囲気が作れなかった。この部分においても札幌に隙を与えてしまった試合だったと思います。

豊田:ガンバ戦の件もあった。選手のこころにスキがあったとは思いません。でも、優勝争いのさなかの重要ゲームで、降格が決まっているチームに負けを喫した事実は変えられない。ディフェンス陣に消耗があり、判断が甘くなっている場面が多々見えます。2失点ともに前節のレイソル戦では見られなかった球ぎわの「プレーの軽さ」から守備破綻が起き、失点に直結してしまった。特に追加点に持ち込まれた流れは、優勝争いをしている立場を考えれば「勝点ロス」が決まってしまう勝負どころ。慎重な火消しの技術が保てなければポイントは拾えません。二人続けて入れ替わられて欲しくなかったな……。札幌は今季アウェーでの初勝利だったそうですね。つくづくサッカーの不条理を体現し続けてくれるクラブです。帰り道で幼稚園くらいかと思われる女の子がママと珍妙な会話。「ママ、レッズは、いっつもエーッだね」「そうね、毎週毎週、エーッだね」……教えてあげたくなりました。あなたが生まれるずっと前からの伝統なんだよと。

椛沢:試合を振り返ると、原口、マルシオに幾度も決定機があったわけですが、それを決めきれなかった。原口はこの試合で魅せようという意気込みは見えてきましたが、マルシオと共にどこか本調子ではないように思えます。決めるべき時に決めないとしっぺ返しがやってくる。後半にカウンターから2発を決められて、フットボールのセオリーのような展開になってしまいました。

豊田:マルシオは停滞期間が長くコンディション維持が難しくなっているように見えるし、元気はワントップを「こなそうとしている」印象。苦しみながらではあるが、前線でボールを収めるスキルにトライしています。ゴールに繋がらない以上、批判があるのは当然でしょうが、いまのレッズにはこれをポポとの併用でこなして行く以外の選択肢がありません。元気個人として見れば、ミシャ戦術の範疇では本領を発揮する段階には至らないままこの終盤まで来てしまっているのが実情と思う。となると首位を争う厳しい局面でポイントを積み重ねるには、他の攻撃陣も含めてセットプレーやミドルレンジからの一発などの飛び道具が条件になるのですが……そのタスクがこなせる駒がないのが辛いところですね。

(残り 1761文字/全文: 2995文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ