浦和フットボール通信

MENU

【This Week】週刊フットボールトーク Vol.122 (1/17)

2013シーズン新加入選手会見でお披露目となった、各選手の印象と裏側

椛沢佑一(浦和フットボール通信編集長)× 豊田充穂 (コピーライター)

椛沢:今週火曜日には、埼玉スタジアムにて、ユニフォーム新パートナーの発表。新加入選手会見、新ユニフォーム発表が同時に行われまして、いよいよ新シーズンに向けて始動するという雰囲気になってきました。ユニフォームパートナーとなるポラス株式会社から中内代表も登壇をしまして、今回パートナーとなるにあたって、レッズがサッカーを通じた文化貢献をしていることは、住宅販売をしているポラスにとっても地域の文化向上は住環境を高めることに繋がるテーマとして取り組んでいることなので共感できた部分だと答えていたことが印象的でした。浦和レッズとともにホームタウンを盛り上げる活動にも期待したいところです。

豊田:広告ビジネスの同業者で永年にわたってポラスさんの扱いを担当していた事務所があります。住宅展示の関係もあるせいか、地域ごとのイベント開催や細分化された文化事業に延々と携わってきた企業というイメージがありますね。いずれにしても各クラブを取り巻く経済状況も厳しさが続く折に、新たにユニフォームパートナーが決まるという展開はありがたいニュースと思います。周囲からは新しいユニフォームに対する印象や意見が飛び交っているのですが、最近のユニは「体型が見えやすいから気をつけて着ていきたい」という声がある。実は私はほとんどレプリカを着たことがないのだが、これは本当のことなのですか?

(残り 2450文字/全文: 3094文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ