浦和フットボール通信

MENU

【This Week】週刊フットボールトーク Vol.154(8/29)

完勝の清水戦と完敗の横浜戦

椛沢佑一(浦和フットボール通信編集長)× 豊田充穂 (コピーライター)

椛沢:昨日の横浜戦は、完敗でした…・・・。まずは先週末の清水戦から振り返りましょう。ちょうど一ヶ月前に磐田戦で訪れたエコパスタジアムでの試合となりました。名古屋戦の時のような渋滞は無いだろうと車を走らせましたが、またもや東名は渋滞をしており、長い道のりで掛川にあるエコパスタジアムに到着しました。エスパルスも今季初のエコパでの試合ということで、彼らも使い勝手を知る、サッカー専用の日本平ではなくて、エコパで試合をするということで、ホームアドバンテージはかなり少なくしているのではないかと感じました。実際にアウェーの雰囲気は全く感じることはありませんでした。

豊田:都内でテレビ観戦でしたが、店のモニターで見ていた人たちも一様に「エコパならホームゲーム」と豪語するほど。雰囲気の占有率はそつなく浦和が握ったことが良くわかりました。優勝への趨勢が決まる大事な期間だけに、ここからの後押しは欠かせない。連続参戦のサポーターたちには頭が下がりますが、選手と同じく体調維持に気をつけて欲しいです。

(残り 2217文字/全文: 2705文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ