浦和フットボール通信

MENU

【This Week】週刊フットボールトーク Vol.159 (10/3)

今季をかける一戦、さいたまダービー

椛沢佑一(浦和フットボール通信編集長)× 豊田充穂 (コピーライター)

椛沢:先週末の敵地に乗り込んでの湘南ベルマーレ戦は、試合前からチケット完売となり、アウェイ側も真っ赤に染めたレッズサポーターに対して、J1残留を果たすために落とせない湘南サポーターもコレオグラフィーで選手達を盛り立てて、最高潮の雰囲気での試合となりました。試合は、甲府戦に続く引き分けに終わり、勝ち点1。下位チームを相手に勝ち点2を失ったという考え方が普通ですが、上位との勝ち点差が開いていないので、なんとか追いついて、勝ち点1を得たことが最終的に繋がってくるかもしれません。

豊田:いちばん長く浦和レッズを見守っているのはサポーターなのです。経験に照らして、リーグ終盤までチャンピオン争いに加わるチャンスなんてそうそう無いことは分かっている。私にまでチケット問合せが来る状況ですからね。レッズのタイトルを待つホームタウンの意識は充満していたと思います。

椛沢:試合は、前半18分にコーナーキックから槙野が先制点を決めて、良い形で試合に入りました。ボランチには啓太が戻り、バランスを取り戻した感はありますが、追加点をなかなか奪うことが出来ませんでした。全力のハードワークで向かってくる湘南に対して、やれるという隙を徐々に与えてしまったように思えます。押し込まれた時に、ラインが下がって跳ね返すだけになってきた時に、今の浦和は守りきるだけの術がありません。苦しい展開が続き、足が止まって、PKで同点にされると、立て続けに逆転を許す苦しい展開になります。苦しい時間帯の際に、ピッチにいる選手達もスタンドのサポーターももっと余裕をもって構えるくらいの姿勢が今後求められます。

豊田:舞台設定の緊迫感に反し、ピッチ上ではレッズ相手に残留力を見せる湘南の意地に押される場面が目につきました。編集長の言う余裕という面で考えれば、やはりボールキープの軸になる「ボールを呼び込む動き」が全員に徹底されないとペースが変えられないのでは? カードを食らう場面もあったが、FC東京で活躍を見せた大竹洋平選手を筆頭にベルマーレのチェイシングには速さも持続力も感じました。

椛沢:逆転されてから、レッズの選手たちも意地をみせて同点への勢いを見せます。ある意味、「ここで負けてしまえば優勝もなくなる」という気持ちが選手にもあったのかもしれません。失うものがなくなり、思いっきりプレーできる時間帯が最後の部分だったのかもしれません。浦和の得意の形である、中央の連動から、柏木がロスタイムに同点ゴールを決めて、試合は終了。重苦しい雰囲気で試合が終わりました。しかし、この経験で選手達が何を考えるか、どう自分たちが戦い抜くのかを考えるきっかけにして、戦うことが出来れば、残り7試合に繋がってくるかと思います。

(残り 1603文字/全文: 2785文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ