浦和フットボール通信

MENU

【This Week】週刊フットボールトーク Vol.161 (10/14)

歓喜のWE ARE REDS! 2年ぶりのナビスコカップ決勝進出へ

椛沢佑一(浦和フットボール通信編集長)× 豊田充穂 (コピーライター)

椛沢:先週末は、ナビスコカップ準決勝第2戦、川崎フロンターレ戦でした。第1戦を敵地等々力にて2-3で折り返しての第2戦となりましたが、1-0で勝利し、トータルスコア3-3ですが、アウェイゴールの差で、浦和が2年ぶりの国立決勝進出を決めました。埼玉スタジアムは27,197人と準決勝としては物足りない人数ではありましたが、人数以上の熱気がこの日はありましたね。試合前には、ゴール裏にスタンド全体を覆う日本最大級のデカ旗が久しぶりに登場し、決戦に向けてサポートが行われました。

豊田:かつては不可思議なほどの敵地のお得意さんで、等々力で幾度となく血祭りにあげた相手。それが風間八宏監督の対処戦術が浸透した後は、逆に手痛い失点を重ねて術中にはまる状態が続いていました。個人的にはアルディージャ以上に埼スタリベンジを待ち望んでいた相手です。気合いも入りましたね。

(残り 1697文字/全文: 2136文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ