浦和フットボール通信

MENU

『サッカーデイズ』著者 杉江由次ロングインタビュー Vol.2

SHI_4589

ボールを追う子どもたちがいる。見守るコーチと家族がいる。そしてそのフットボールライフの本拠地には、彼らの期待を一身に担うトッププロが闘うスタジアムがそびえ立つ―― 誰の目にも明らかな“理想のJタウン”を体現し、揺るぎなく継承するプロセスの影には、どれほどの名も無きサッカー愛が存在するのか?
話題の新刊『サッカーデイズ』の著者にして「本の雑誌社・炎の営業」と知られる杉江由次氏ロングインタビュー、第二弾をお届けする。
インタビュアー/豊田充穂

Profile 杉江 由次
1971年埼玉県生まれ。本の雑誌社勤務の傍ら、スタジアムに足しげく通うレッズサポーター。著書に『「本の雑誌」炎の営業日誌』(無明舎出版) 2013年8月にサッカーで笑いサッカーで泣く家族の日々を熱く描き出す、全てのサッカー人に捧げる感動エッセイ『サッカーデイズ』(白水社)が出版された。

サッカーと暮らす、 URAWAの空気を お届けします。『サッカーデイズ』著者 杉江由次ロングインタビュー Vol.1

豊田:杉江さんは結婚を機に浦和に越されて来たとか。

杉江:はい。駒場にも埼スタにも通いやすい緑区を選び、シーチケホルダーになったのは95シーズンからでした。サポート密度にも拍車がかかったけど、何よりインパクトを受けたのは娘のチームの父兄たちが交わす地元限定の「サッカー繋がり」談義のボルテージ。あれは強烈でしたね。

豊田:分かります。凄い熱気なのでは?

(残り 2823文字/全文: 3423文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ