浦和フットボール通信

MENU

【This Week】週刊フットボールトーク Vol.169 (12/11)

セレッソに大敗でシーズンを終える。来季に繋げなければいけないものは何か。

saitamasta

椛沢佑一(浦和フットボール通信編集長)× 豊田充穂 (コピーライター)

椛沢:2013シーズン最終戦となるセレッソ戦が、ホーム埼玉スタジアムで行われました。57,000枚のチケットが完売して、今季最多入場者数となる54,905人が集まりました。前節の鳥栖に敗れて優勝の可能性がなくなったものの、勝利すればACL出場権が獲得できるという状況でした。試合前にはサポーターの呼びかけにより選手入場時に、スタンディングオベーションで、「好きにならずにいられない」が歌われる中、5万人のサポーターが各々のマフラーを掲げて選手を迎えました。あの光景は壮観でしたね。

豊田:SB席でも持ち合わせがない子どもや年配の観客にタオルマフラーを貸し、掲げ方まで教えているサポーター家族やグループが見られました。スタンドでは総力戦の構えのオープニングができていたと思います。

(残り 2638文字/全文: 3045文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ