浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】4年ぶりに仙台に勝利。若手選手も虎視眈々とチャンスを狙う<青木、西川、直輝、濱田、坪井コメントあり>(2014/4/7)

IMG_20140407_112936

ふくらはぎを負傷した、永田は自宅療養。明日検査結果が出る。

昨日、仙台に4年ぶりに快勝した浦和は、4月7日晴れやかな春の陽気に包まれた。西川、阿部、森脇、平川、宇賀神、柏木、興梠選手たち7名は、昨日の勝利を噛みしめるように笑顔を見せながら、軽いランニングを中心にクールダウンを行なった。仙台戦で右足のふくらはぎを負傷した永田充選手は、自宅療養となりオフ明けとなる9日水曜日に検査結果が出る見込みである。1人チームから離れてランニングを行なっていた青木拓矢選手は「コンディションを整えるために、今日は別メニューにさせて頂きました。心配することではないです」と笑顔で話し、腎負傷から復帰した自分の身体を気遣い別メニューとなった。

(残り 1343文字/全文: 1654文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ