浦和フットボール通信

MENU

浦和レッズ、「魅力あるプロクラブ」への指標。 湯浅健二 ロングインタビュー(2)(2014/4/11)

ドイツサッカー協会スペシャルライセンスコーチ、全盛期への端緒についた読売サッカークラブ(現ヴェルディ)での指導歴、レッズの紆余曲折を追ったキャリア……。幾多のジャーナリストの中にあっても湯浅健二氏のプロフィールには、日本サッカーにおける「プロクラブの履歴」を検証する視点が満ちている。新シーズンを前に我らがレッズの現在位置、そしてその魅力の未来像を訊いた。 interview by Yuichi Kabasawa /text by Mitsuho Toyota /Photo by Kazuyoshi Shimizu IMG_5999
湯浅健二 Profile

1952年生まれ。プロサッカーコーチ。 ケルン体育大学に留学し、1981年にドイツサッカー協会公認スペシャルライセンスを取得。 1982年に読売クラブのコーチを務めた。現在はサッカージャーナリストとして著書多数。

浦和レッズ、「魅力あるプロクラブ」への指標。 湯浅健二 ロングインタビュー(1)

KAZ_2942

プロが切磋琢磨する舞台が、クラブにあるか?

UF:湯浅さん描くレッズの理想像は分かりました。しかし私たちが危惧するのは、監督も含めた今のレッズにそれを実現する環境があるかという問題です。

湯浅:ここまでの話は世界レベルのクラブ戦術にまつわる理想の話。そもそも「監督の仕事ができる組織」になれているかといえば、現状でJ各クラブが問題を抱えています。これはもう言っても仕方ないレベルでしょ? 日本サッカーのプロと称される面々からは何度も指摘されてきた課題ですよ。

(残り 1176文字/全文: 1802文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ