浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】鬼門のアウェイ鳥栖戦で、昨年の悔しさを晴らす!(2014/11/28)

IMG_3341

興梠はメンバー入りせず。鬼門の鳥栖を打破し、自力優勝に望みを掛ける

前節のG大阪戦でホーム優勝を逃した浦和は、11月29日に行われる鳥栖戦に向けて気持ちを切り替えた。大原練習場の周りの桜の木々も落ち葉となり、気温9℃とすっかり晩秋となった28日午前10時から約1時間強の練習で選手たちは汗をかいた。

G大阪戦で強行出場した興梠慎三選手は、アップシューズでウオーキングとランニングを織り交ぜながらコンディションを調整。ミシャ監督は「残念ながら、慎三は怪我した箇所に問題があり、メンバーには入っていない」と申し訳なさそうに話した。

IMG_3256

(残り 1765文字/全文: 2026文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ