浦和フットボール通信

MENU

『鬼門鳥栖で首位陥落』Jリーグ第33節・サガン鳥栖戦 ゴール裏からの試合レビュー(2014/12/3)

DSC03703
前節、この試合に勝てば優勝が決まるという大一番に敗戦を喫して、2位ガンバとの勝ち点差は2。フルパワーで挑んだ決戦のあとの試合のメンタルも気になるところだった。

毎年最終節の一つ前に組み込まれるアウェイ鳥栖での試合は、まさに鬼門。2年連続でこの地で苦杯を舐めさせられてきた。この試合にも7、8,000人のサポーターが鳥栖に集結をして、スタジアムの半分を赤く染めた。そのサポーターはこの嫌な流れ、空気を変えようと、新チャントで選手達を迎え入れた。

(残り 1037文字/全文: 1257文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ