浦和フットボール通信

MENU

<ハイライト動画付き>【河合貴子の試合レビュー】柏木、阿部のダブルボランチが活躍。柏木「黒子に徹していても目立つプレーが出来ている」2015Jリーグ1stステージ第17節vs新潟戦<柏木、平川、興梠、武藤、那須、西川コメントあり>(2015/6/28)

今日のポイント「黒子の活躍、ボランチの柏木選手、阿部選手」

PKによる不運な1失点は致し方ない。守備のバランスが崩れて、足が止まってしまい気の抜けたような2失点目が無ければ最高のゲームであった。攻守に渡り、ピッチの中で共通意識を描けてプレーが出来ていたことは、本当に素晴らしい。

特に、ボランチの阿部勇樹選手と柏木陽介選手だ。柏木選手は2アシストしただけでなく、守備でも身体を張っていた。柏木選手は「相手がドリブルで仕掛けてくる雰囲気があったから、ケアして走った。普通にマークが外れれば戻りは頑張る。コンディションも良いし黒子に徹していても目立つプレーが出来ている」と話した。ピッチの中央で黒子に徹している阿部選手と柏木選手の存在が、連動した守備からコンビネーションの良い攻撃を生んだ。

無敗で1stステージ制覇

埼玉スタジアムを夕焼け空が茜色に優しく包み始めたころ、新潟戦のキックオフの笛が鳴った。1stステージ制覇を果たした浦和の男たちは、勝者のメンタリティーを胸に刻みピッチで輝きを放っていた。

出場停止の宇賀神友弥選手に代わり、ミシャ監督は試合前日に明言した通りに平川忠亮選手をスタメンで起用(リーグ戦は5月2日G大阪戦以来のスタメン)。右のワイドに平川選手を置き、左のワイドに関根貴大選手を起用した。平川選手は「タイトルを獲得した後の難しい試合で、ゲームの入りがポイントとなると思っていた。今の浦和が良いのは、チームとしてDFが上手くいっているからだ。試合に出て無い間も試合を見て、イメージをしていた」と試合勘を鈍らせないようにしっかりとした準備をしていた。

(残り 2705文字/全文: 3384文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ