浦和フットボール通信

MENU

<ハイライト動画付き>【河合貴子の試合レビュー】柏木「チームとしてこれが一番のやり方だと実感した」2015ヤマザキナビスコカップ準々決勝第2戦・新潟戦<柏木、森脇、大谷、高木、阿部、ペトロヴィッチ監督コメントあり>(2015/9/7)

今日のポイント!「気迫を見せた柏木選手」

前半は、シャドーでプレーして新潟の守備を打ち破る打開策を必死に模索し、後半はボランチの位置で攻守に渡る気迫が籠ったプレーを見せた柏木陽介選手だ。

試合後、柏木選手は「前半は、上手く行かない部分が多かった。後半、球際も勝てて行けそうな感じがした。今日みたいな試合が出来れば、どの相手にも上回れる気はする。やっぱりうちの強さは、前からの守備で、そこから2次攻撃、3次攻撃へと行ける。チームとしてこれが一番のやり方だと実感した。突破できなくても、5点差をひっくり返す試合がしたかった。でも、これが次に繋がると思う。雨の中で応援してくれた人たちに対して希望の光を見せられた」と手応えを掴んだようだ。

「前半、前に行っても後ろが着いて来てない状況だったから、後半は後ろに下がったり、前に出たりバランスが取れてボール回しの関係性が良くなった。もう少し良いパスの供給もしたかった。危ないシーンにも顔を出せたし、しんどかったけど、これがベース」ともっとハードワークして行く姿勢を見せていた。

試合前に柏木選手は「応援してくれるみんなに失礼な試合をした。勝ちに行く試合をみせないといけない。応援してくれる人の気持ち、支えてくれるスタッフの気持ち、自分たちの気持ちを籠める」と話していた通り、5点のビハインドを跳ね返すために気持ちを見せて闘い、この先の闘いに希望の光を灯してくれた。

3得点も第1戦のビハインドを引っ繰り返せず、ナビスコカップは準々決勝で敗退

(残り 3401文字/全文: 4036文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ