浦和フットボール通信

MENU

【番記者が見た、直輝、慎也の今季】曺監督が感じる直輝の可能性(隅元大吾) (2015/11/25)

IMG_4202

いままでのプロ生活でいちばん激しく練習を行い充実感を感じた一年

いまなお印象に残るトレーニングの一幕がある。とある夏の日、照りつける陽射し以上に熱い1対1を山田直輝は繰り広げていた。対するは永木亮太、チームでも屈指の球際の強さを誇るキャプテンだ。めぐり合わせの偶然がふたりを幾度も引き合わせ、そのたび真っ向勝負がピッチの上に描かれた。

観る者を釘付けにする攻防に、「僕もやっていて面白かったです」山田自身もまた楽しげに振り返ったものだ。
「いままでは、気持ちは闘いたいのに、アレ? みたいなのがありました。でも、だんだんゴリゴリ行けるようになってきて、そういう自分らしさが出てきたかなと感じます。きょう初めて亮太くんとゴリゴリやって、『うわ、もっとこのひととやりたい』と思えたので、疲れましたけどすごく楽しかった。でも今日の感じだと僕はまだ負けていたので、亮太くんともっともっとガチガチやりてぇなと思いました」

自分らしさを取り戻し、さらにプレーの幅を広げたい。僕にプレーする場を与えてくれたチームに恩返しをしたい。開幕を前に、山田は思いのたけを口にした。だが気持ちとは裏腹に、2012年以降遠のいていた試合勘を回復するための時間は短くなかった。浦和との開幕戦に途中出場し、移籍後初出場を果たしたものの、以降コンスタントに出場機会を得られたわけではない。「怪我が続くなど長いこと出場機会がなかったことで、大きな意味でのゲームの感覚――ボールをどこに置き、パスをどのように出して、どうディフェンスするかといったゲーム勘と言われるものが、シーズン当初は少し欠けていた」曺貴裁監督も指摘する。

(残り 2117文字/全文: 2805文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ