浦和フットボール通信

MENU

【祝リオ五輪出場決定】矢島慎也選手インタビューを再掲載(2016/2/5)

先日、U-23日本代表がアジア大会を制覇して、リオデジャネイロ五輪出場を決めたことは記憶に新しい。優勝を決めた韓国戦では、2点のビハインドから矢島慎也選手が、浅野選手への絶妙なスルーパスを通して、追撃弾をアシスト。その1分後には自らヘディングシュートを決めて同点と、一気に流れを戻す大活躍をみせた。浦和出身プレイヤーの活躍に浦和の街も大いに盛り上がった。浦和の地域情報を配信する「浦和経済新聞」にも矢島選手が浦和から育った選手であることを知らせる原稿を書いてほしいというリクエストを受けて、寄稿をさせて頂いた。

日本代表が逆転で韓国代表を下してアジア大会を優勝してリオデジャネイロオリンピックへの出場が決定した。この決勝戦で1ゴール1アシストと大活躍した矢島選手は何を隠そう浦和出身のプレーヤー。浦和はもともとサッカーの街として歴史を紡いできた街で、現在でも各小学校を拠点とした36のサッカースポーツ少年団が活動する全国でも希少な存在となっている。その浦和の中で最も伝統のある北浦和サッカー少年団で育ったのが矢島慎也選手だ。
浦和経済新聞

矢島選手といえば、弊誌の2012年11月の特集で一度登場をしてもらったことがある。4年も前になる記事ではあるが、彼の想い、背景となっている北浦和少年団時代の思い出を語ってもらったインタビューとなっているので、今一度再掲をしたいと思う。

fadein_visual_yajima

浦和の「育成力」を自分のプレーで証明したい。矢島慎也独占インタビュー

ミシャ政権のもとに上位争いに返り咲いたものの、J王座、ACL出場権の奪還はならなかった浦和レッズ。悔しさが残る状況下で、地元出身の18歳のアタッカーが見せた活躍は未来への一筋の希望だった。勝負どころで輝きを見せる矢島慎也の「ワンプレー」には、周到に磨かれ、育まれてきたテクニシャンのこだわりが見える。北浦和少年団の先輩・山田直輝ら、レッズユースの仲間たちとふたたびピッチに立つゲームを心待ちにしているという新鋭MFに聞いた。浦和フットボール通信編集部

気持ちで勝つより、技術へのこだわりで勝負する

― 9月29日、アウェー柏戦(9月29日 27節 国立)のロスタイム。交代出場で登場した矢島はGK加藤からのロングスローを気迫のヘッドで繋ぎ、ポポの決勝ゴールを演出した。

UF:低迷するガンバ大阪に大敗した後の重要な試合。矢島選手のプレーにも「らしくない」ほどの気合いを感じましたが……。

矢島:(笑いながら)らしくないし、あまり好きじゃないプレーだったかも知れない。でも皆がどうしても勝ちたいという気合いが入ったゲームの交代出場だったので、その影響はじゅうぶんに感じていたと思います。とにかく大事な試合で使ってもらえたし、結果的に得点にからむ仕事もできたので良かったです。

UF:ピッチ間近で見ていてもテレビのアップ画像を見ていても、あまり気持ちを前面に出すタイプではないですね。いつも淡々とクールにプレーしている印象があります。

矢島:はい。そういうプレースタイルですね、僕は。

UF:プロになって変わって来た面もありますか?

矢島:全面に出す気持ちの部分がないわけではないんです。でも自分的には「気持ちよりも技術があれば上回れる」というこだわりの部分が大きい。そこが(自分のプレーの中に)出ているのかも知れません。今季からのプロ契約ですが、ずいぶんと慣れてきて自分のプレーが出せるようになってきていると思います。

UF:具体的には?

矢島:やはりプロに入るとスピードが全然違う。ゲーム中の局面ごとのプレッシャーの速さをいつも感じています。そこへの対応が一番変わったと思います。

UF:技術があっても上まわれない面があった……。

矢島:はい。やはり身体の強さも大きさも違うし、判断のスピードもないと(J1のレベルの中では)やって行けないと思う。

UF:ミシャ監督のサッカーはどんな印象ですか。

矢島:攻撃の時に3-6-1から変則的に変わるシステムですね。攻めの時の形は少し違うけど、ユースの時のやり方に近い。レベルは違っても動き方とかも理解しやすいです。

UF:指示自体も分かりやすい?

矢島:基本的にすごく話しやすい監督ですし、(コミュニケーションの)問題は全くないです。でもサッカーの内容的には、連携とか繋ぎの部分とかまですごく細かいところまでの目標があって、それを要求される。(現状のレッズでは)それをまだ皆が実戦で表現出来ているわけじゃないですね。監督の理想を追求しながらも、成績でも上位を目指すという段階と思います。

UF:競ったゲームで投入される機会も多いですね。矢島選手はその中でどう輝きたいと考えているのでしょう?

矢島:自分の役割で言えばシャドーのポジションなので、相手のボランチとディフェンスの間のギャップのスペースでボールを受ける場面が多い。そこから仕掛けたり、ボールを散らしたりするプレーを意識的に配分してやってます。(終盤戦になって)ブロックを固めて守りから入ってくる相手も増えてきている。そこを崩せないと(J1の上位争いは)勝てないし、上位も望めませんから……。

yajima_f2

直輝くんは少年団のエース。身近で遠い目標だった

― 矢島選手を輩出した北浦和サッカー少年団・吉野弘一監督は「必要以上に型にはめず、自由に」を信条とした指導で知られる。状況に応じた自己判断能力をアップさせるトレーニングだったが、少年団時代の矢島は同団の先輩・山田直輝とは異質のプレースタイルを早い段階で確立していたと言われている。

UF:少年団時代はどんなトレーニングでしたか。矢島選手のプレーヤーとしてのベースとなっているのでしょうか?

矢島:北少ではとにかくボールに触れている時間が長かったです。家の中でも触っていたし、練習の往復でもリフティングやドリブルをしたりしていました。ドリブルもスピードで抜くことは吉野先生から禁止されてましたね。急がなくて良い。常に相手の逆を獲るようにと言われてやっていました。吉野先生の指導はボール扱いを大事にする指導と思います。ボールを離し、蹴って走るのはダメなんです。いかにみんなでボールを保持してキープし続けるか。それを考え、プレーすることを教えられていました。

UF:先輩の山田直輝君はラグビーボールのリフティングという特別メニューを課せられ、自宅の駐車場でも練習を続けていたそうですが?

矢島:僕にはそれはありませんでした(笑)。テニスボールはやりましたね、僕は。こんな小さいので出来れば上手くなるのでは?と練習したことを覚えています。今もリフティングはけっこう得意です。もともと自分はスピードがあるプレーヤーじゃないから、北浦和少年団ではもっぱらテクニック重視でした。でも、だからこそプロになれたと思っています。長所はボールコントロールやテクニックと思うので、さらにそれをスピードでカバーが出来るようになりたい。そうすれば、もっと上に行けると思う。

(残り 2746文字/全文: 5581文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ