浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】虎視眈々の出場を狙う伊藤「できる自信はある」<伊藤、高木、興梠コメントあり>(2016/3/4)

IMG_0466

伊藤「できる自信はある」

開幕戦となった柏でベンチ入りを果たした伊藤涼太郎選手は、虎視眈々とホーム開幕の磐田戦のベンチ入りを狙っている。「ACLメンバーが帰って来て、揃った中での練習だった。昨日の自分より今日の自分の方が上手くなっているという思いで、新人選手ではなく、普通のJリーガーと思ってやっていかないといけない。みんなに食らいついていくし、追いついてポジションをものにする。公式戦ではなかったが、昨年のFC東京との練習試合で自分を出せた。練習試合で出来たのだから、出来る自信はある。でも、不安もあるし、楽しみでもある」と複雑な表情を浮かべた。そして「試合に向けて良い準備をしていけば、出来ると思うし、気持ちも楽になる。レッズは、ボールを持つチーム。退いてきた相手をレッズはドリブルとパスで崩していける。退かれたからこそ、レッズのパスサッカーが生きる」と自信たっぷりにニヤリと笑った。また、3月1日には作陽高校の卒業式出席し「ベンチの姿よりもピッチに立つ姿を見せたい」と新たな気持ちでベンチ入りを目指す。

(残り 738文字/全文: 1191文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ