浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】磐田戦にチーム一丸で挑む。ペトロヴィッチ監督「チーム全員で初めてチームである」(2016/3/5)

IMG_0536

3年ぶりに磐田をホームで迎え撃つ

大原の練習場の周りの木々の新芽が膨らみ、春の訪れを感じられる3月5日。ACL浦項戦の韓国遠征を考慮して6日にJリーグホーム開幕磐田戦が開催される。ACL開幕から4連戦目となり、チームの選手層の厚さで乗り切っていくためにACL浦項戦の韓国遠征に柏木陽介や李忠成、宇賀神友弥、関根貴大などを温存して磐田戦に備えて来た。

午後2時半から行われた試合前日練習は、いつも通りに3グループに分かれてボール回しや基本のパス練習などアップを行った。アップが終わるとミシャ監督は駒井善成選手を呼び止めて話をし、平川忠亮選手、永田充選手と共に駒井選手はチームの輪か外れて軽いランニングで別調整となった。

(残り 1378文字/全文: 1684文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ