浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】ACLに向けても弾みにしたい仙台戦。ペトロヴィッチ監督「とても重要な試合」(2016/4/15)

IMG_1411

ACLシドニー戦に弾みをつけるためにも、仙台戦勝利を目指す。

初夏を思わす陽気の中、大原練習場を風が吹き荒れていた。JリーグとACLを闘い抜く過密日程の浦和にとって、横浜FM戦後に選手たちにはつかの間のオフが与えられ、心身共にリフレッシュして仙台戦を迎えられる。だが、仙台戦の翌日には、ACLシドニー戦に向けてオーストラリアに旅立たないといけない。再び過密日程が選手たちを待ち受けている。午後12時から仙台戦に向けての試合前日練習が始まった。

ランニング、ストレッチ、3グループに分かれてボール回しが行われたのち、基本のショートパスやロングボールなどアップが行われた。ロングボールは、強風の影響で思った方向に飛ばず「やばい」「風、強い」と最初は戸惑う姿があったが、風を計算した蹴り方へと変わっていった。

IMG_1424

また、アップ中にミシャ監督は興梠慎三選手を呼び止めて話したり、髪型を変えた森脇良太選手に「モリ~前よりも良いねぇ」と笑顔で話しかけるシーンもあった。そして、アップが終了すると、武藤雄樹選手と阿部勇樹選手、ズラタン選手は、別メニューでコンディション調整を行い、身体に掛かる負担を減らして準備をしていた。

(残り 1544文字/全文: 2043文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ