浦和フットボール通信

MENU

<ハイライト動画付>【河合貴子の試合レビュー】明治安田生命Jリーグ 1stステージ第10節vs大宮アルディージャ<柏木、槙野、宇賀神、西川、遠藤、青木コメントあり>(2016/5/9)

今日のポイント!

ACLとリーグの厳しい日程を見事に闘い抜いた柏木陽介選手は、攻守に渡りピッチで輝いていた。だが、チームは攻撃の組み立てで攻守の切り替えも遅く、動きが重く感じられた。もっとボールをポゼッションしながらダイレクトパスで心地良いリズムの中で浦和らしくシュートまで持って行きたかった。

ミシャ監督は記者会見の開口一番に「我々のチームの出来に不満を持っている。本来の狙いとしたことが出来ていない。前半、相手に1~2回決定的なチャンスを与えてしまった。17番の選手がどっちつかずのポジションを取る中で、サイドバック19番の選手が武藤につ
いていた。そこの所でもう少し左サイドのスペースを突けたと思う。何回か宇賀神選手がクロスを上げる場面があったが、本来であればペナルティーエリアの中に入ってシュートを撃てる場面が作れたのではないか!?そこを上手く使いたかった。関根を宇賀神のサイドから相手のブロックを崩していく部分に関して、本来のレッズの闘い方であればもう少し得点機会の場面が作れておかしくなかった」と口調に怒気が混ざっていた。

だが「もう少し私自身も関根を左に持っていくバリエーションをしていれば崩せたかもしれない。それに気づくのが、私自身遅かったかも知れない」と自責の念を口にしていた。

柏木選手は「チームの出来は、今ひとつ。やり辛さはあったが、中途半端な位置で掴み辛かった。ボールの奪われ方も悪いし、バイタルに入ってもフリックは奪われるし、クロスの精度も悪かった。悪い時間でも前半にゴールを決められた。今日は、コンビネーションが、今ひとつ。もっと良いパス、決定的なパス、守備を固められている中でも、ここに出すかって言うパスを1試合に1回出したい」と大宮に勝ったが、納得のいくゲームではなかった。

本当に試合の内容は良くなかった。チームを勝利に導く柏木選手の右足シュートは素晴らしかった。この1点をトリプルボランチにしてゲームを締めたことも評価したい。悪い中でも無失点に抑えて、大宮に勝てた。たかが1勝!されど1勝!プライドをかけたダービーを征したことを噛み締めて、次節新潟戦までにコンディションを整え修正を図りたいところだ。

勝ち切った、さいたまダービー

氷川神社の参道は、赤とオレンジが入り交じり2シーズンぶりのさいたまダービーに両チームのファン・サポーターの思いがぶつかり合っていた。勝利にこだわる真剣勝負にNACK5スタジアムは揺れていた。

大宮のスターティングメンバーをみると得点力があるムルジャ選手やペチュニック選手などがベンチに控え、暑さを考慮して後半に勝負する狙いを感じた。

浦和のキックオフで始まった試合は、大宮は前線から激しいプレスを掛けて来た。槙野智章選手は「試合前にメンバー表を見て、前からプレスを掛けてくる布陣だと分かった。大宮が前からプレスに来てやりやすくなると思ったが、相手を剥がす動きが出来なかった。前半、自分たちのサッカーが出来ずに危ないシーンがあった」と悔しそうに話していた。

浦和は、ボールを保持するも攻撃の組み立てが上手く行かずに苦戦を強いられることとなってしまった。逆に大宮は、奪ってからの攻守の切り替えが早く、カウンターを狙って来た。

(残り 1833文字/全文: 3209文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ