浦和フットボール通信

MENU

【6/9 練習レポート】攻守の切り替えを素早く!1時間半のスパルタ戦術指導

TAK_2419
Report by 河合貴子

攻守の切り替えを素早く!前線からのプレスと後方からの攻撃の組み立てを。

ミーティングを終えて選手が、小雨がパラつくピッチに姿を現わした。照明灯には明かりが点り、灰色の雲が上空を覆った6月9日。勝ち点3差で暫定2位の鹿島との大一番を2日後に控えて浦和の練習が始まった。

アップのボール回しを後、基本のパス練習が始まると柏木陽介選手は一人だけクラブハウスに向かうとスパイクからランニングシューズへと履き替え別メニューでコンディション調整を行っていた。また、イリッチ選手は完全別メニューでウォーキング、永田充選手はアップ後にステップワーク中心の別メニューであった。アップ時に、興梠慎三選手が「回したろかぁ~」とニヤリと笑い、森脇良太選手を挑発するシーンがあったり、アップはリラックスした雰囲気で行われていた。

TAK_2309

しかし、選手たちにビブが配られるとその場の空気が一変した。ゴールをペナルティーエリアのラインに合わせて作られたピッチには、DFラインの目安として赤いコーンが置かれていた。

(残り 1796文字/全文: 2242文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ