浦和フットボール通信

MENU

【選手ミニコラム】興梠慎三が連敗脱出の光となる。

TAK_3356

Report by 河合貴子

前線で起点となり、ゴールを決める。

後方からの攻撃の組み立て練習の中で、ゴールに向かう鋭い動きを見せていたのは興梠慎三選手であった。

DF役としてスタッフがペナルティーエリア内にいたが、厳しい守備をしていた訳ではない。相手を競った状況では無かったが、クロスに対する飛び込みは人並み外れた跳躍力見せ、またGKとの1対1のシーンでも身体のしなやかさを見せ、身体能力の高さを見せ付けていた。

(残り 376文字/全文: 578文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ