浦和フットボール通信

MENU

<ハイライト動画付>【河合貴子の試合レビュー】ルヴァンカップ準々決勝 vs神戸<青木、那須、ズラタン、高木、関根、大谷、高橋(神戸)コメントあり>

YBCルヴァンカップ準々決勝第2戦、神戸に力の差を見せ付けてベスト4進出

近づく秋の気配を漂わせながら夜の帳が落ちると、カクテルライトに照らされたピッチで選手たちが躍動した。9月4日、YBCルヴァンカップ準々決勝第1戦アウェイ神戸で2-1と勝利を収めた浦和は、優位な状況の中で第2戦目を迎えた。

浦和は、第1戦で左膝前十字靱帯損傷した梅崎司選手に代わり駒井善成選手を右のワイドで起用し、他は第1戦の勝利の流れをくんで、第2戦目も同じメンバー構成で挑んだ。一方の神戸は、ペトロジュニオール選手が出場停止のため、19歳になったばかりのルーキーの中坂勇哉選手を起用してきた。

準々決勝突破を掛けて、浦和のキックオフで試合が始まった。神戸が立ち上がりからハイプレスで前から来ると思いきや、しっかりとした守備を形成して浦和のポゼッションに上手く対応して来た。

6分には、一瞬の隙を突き高橋峻輝選手がDFの裏に抜け出してシュートを放つがクロスバーに直撃!ヒヤリとさせられたが、浦和は焦らずに攻撃を仕掛けていった。だが、決定的なチャンスを作ることは出来なかった。

ネルシーニョ監督は「立ち上がりから30分くらいまでは、最終ラインから前線まで意思の疎通が出来ていた。自陣でのミスからのショートカウンターを受けるシーンはなかった。うちも狙いのショートカウンターのチャンスがありながら、拮抗した」と話した。

青木拓矢選手は「最初は、ちょっとバタバタした。後ろの那須さんとか阿部さんが、堪えるところはしっかりと堪えてやって行こうと話していたので、それもしっかりと堪えていた。良い修正を話しながら出来た。レアンドロに入ったときにピンチだと思ったが、しっかりと那須さんも行ってくれてたし、周りもコンパクトにしてやれていた」と守備面では安定感を感じていた。

那須大亮選手も「相手のストロングも分かっていたから、やり辛さはなかった。カウンターをしっかりとケアーした。リーグ戦でコンパクトに出来なかったことが自分を含めて反省材料だった。とにかく、ハイラインしてコンパクトで攻守の切り替えを早く出来た」と手応えを感じていた。

(残り 2648文字/全文: 3579文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ