浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の試合レビュー】今日のポイント「監督退席処分もゲームプランを完遂」

今日のポイント!!

神戸の攻撃の起点となるペトロジュニオール選手がいくら出場停止とはいえ「何で、大事なリーグ戦を神戸に負けたのだろう?」と疑問に思うほど浦和は強かった。

立ち上がりから、アウェイゴールを求めて神戸は勢い良く仕掛けてくると予想していた。だが、神戸は意外と冷静に90分のゲームプランの中でしっかりと意思疎通を図り、虎視眈々とカウンターを狙っていた。ただし、それは浦和が先制するまでの話であった。失点をすると神戸のゲームプランは見事に壊れた。

ネルシーニョ監督は「敵陣でのロングスローのチャンスを生かし切れず、カウンター1本で決められてしまった。今日の試合は、1点が大事だった。彼らにとって楽になる得点を与えてしまった。そこから、無理せずオーガナイズした組織で闘うプランを続行したが、要所要所で例えばズラタン選手が前線で収めるところとか、我々のDFが弾き返すことが出来なかった。浦和の選手たちのクオリティーのところで、我々が後手を踏んでいた。後半の最後の方は、浦和の選手、チームを見ていると彼らのいつもの練習を終えたような内容だ。相手にとって、脅威を与えるようなプレーが我々は出来なかった」と悔しさ噛み締めながら話していた。ダメ押しとなった李忠成選手が決めた4点目などは、正に攻撃の組み立てパターンからのシュート練習で見たような見事なゴールであった。

浦和を襲ったハプニングは、29分にミシャ監督が退席処分となったことであった。浦和が先制点を叩きだし追加点を重ねて行ったのは、監督が不在になってからのことであった。

大谷幸輝選手「監督が居なくなったのは、ハーフタイムに気が付いた」と監督が退席処分となったことを気が付かないぐらい試合に集中していた。

(残り 721文字/全文: 1445文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ