浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の試合レビュー】プレナスなでしこリーグ1部 第13節 vs岡山湯郷Belle<猶本、白木、乗松、後藤、池田、柴田、エミリーコメントあり>

残留を掛けた大一番、岡山湯郷Belle戦を快勝

中断されていたなでしこリーグが再開され、浦和レッズレディースの残留を掛けた闘いが始まった。再開初戦の下位争いとなったコノミヤ戦をアウェイで4-0と快勝し最下位を脱出。波に乗る浦和は、宮間あや選手を中心に巻き起こったお家騒動でチーム崩壊の危機にさらされた岡山湯郷Belleをホーム浦和駒場スタジアムに迎えた。岡山は浦和と同じ勝ち点10で得失点差で浦和が8位、岡山が9位。残留を掛けた大一番の対決となった。

台風16号と秋雨前線の影響により、雨が降ったり止んだりと不安定な天気となり、ピッチコンディションもかなりスリッピーな状態であった。

岡山のキックオフで始まった試合は、開始早々に浦和にビックチャンスが訪れた。2分、左サイドバックの北川ひかる選手がドリブル突破からクロスを入れると、ファーサイドで柴田華絵選手が折り返し、白木星選手がシュートを放つも相手DFが身体を張って阻止。先制点のチャンスを逃がしてしまった。

6分には、筏井りさ選手からの浮き球を受けた長船加奈選手が相手選手と顔面を激突!レフリーの「プレーオン」の声で浦和が攻撃を仕掛けて行ったが、長船選手は起き上がることが出来なった。激突により長船選手は右眉周辺が切れ流血。止血し、テーピングの痛々しい姿でピッチに戻って来た。

思わぬハプニングで一時、10人で闘った浦和であったが、リスクマネジメントをしっかりして乗り切っていった。

岡山は4-3-3のシステムで、中盤を逆三角形としてDFラインの前にアンカーとして乃一選手を置き、前線は田中選手のワントップにしてきた。浦和は、岡山にボールを繋がせないプレスを掛けて主導権を握っていったが、決定的なチャンスを作れない展開になってしまった。

(残り 2221文字/全文: 2960文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ