浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の試合レビュー】ハイプレスでガンバに圧勝!年間首位に躍り出る。

今日のポイント!!

G大阪を完膚なきまでに叩きのめした快勝。そして、川崎が神戸に0-3と完敗。ついに、年間首位の座が入れ代わったのだ。残り3試合で勝ち点5ポイントの差を付けた2ndステージ首位を確固たるものにした。年間2位に転落した川崎との勝ち点はわずかに1ポイント差だ。喜ぶにはまだ早いけど、一晩だけでも喜びを噛み締めたい。

公式戦でG大阪に4連敗中だった。過去の対戦は、常にボールを支配していたが決めきることが出来ず攻め急いで自滅した感があった。だが、今回は違っていた。前からのプレスも嵌まり、ボールを失ったあとのファーストディフェンスもしっかりと出来ていた。そのため、DFラインの押し上げも出来て、コンパクトになり全体の距離感も良かった。

良い守備から、良い攻撃へと展開出来た。浦和の攻守の切り替えが早い展開の中で、アデミウソン選手や長沢駿選手にボールが入らずシュートまで持ち込めさせなかったのだ。

(残り 1135文字/全文: 1534文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ