浦和フットボール通信

MENU

<ハイライト動画付>【河合貴子の試合レビュー】ルヴァンカップ準決勝第1戦はFC東京に2-1で勝利。高木「自分は、あのようなゴールを獲りたいとイメージが強い。」<興梠、大谷、高木、平川、堀コーチコメントあり>

YBCルヴァンカップ準決勝第1戦アウェイで2-1でFC東京を下す。

大型台風18号の影響で、試合開始前から小雨がポツリポツリと降り出した10月5日。浦和は、3年ぶりYBCルヴァンカップ決勝の舞台を目指し、味の素スタジアムに乗り込みFC東京戦に挑んだ。準々決勝の神戸戦で退席処分となったためにミシャ監督はベンチ外、堀コーチが監督代行を務めた。

試合前日練習では左のストッパーを務めていた宇賀神友弥選手が、コンディションの問題でベンチ外となり左ストッパーを森脇良太選手が務めた。また、前日のミニゲームで青木拓矢選手と遠藤航選手のボランチを試していたが、右ストッパーに遠藤選手とし、青木選手と阿部勇樹選手のボランチとなった。

FC東京のキックオフで始まった試合は、開始早々からFC東京がハイプレスを掛けて主導権を握って来た。

堀コーチは「立ち上がりからFC東京が、アグレッシブに来るだろうから、最初は厳しい闘いになると話していた中、思った以上にボールを保持される時間が長くなった」と振り返った。

(残り 2560文字/全文: 3043文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ