浦和フットボール通信

MENU

【10/21 新潟戦前日練習レポート】次節でステージ優勝決定の可能性も。激闘後の試合を如何に乗り切れるか。

tak_4166_r

(Report by 河合貴子)

選手のコンディションを考慮して、軽めの調整

薄日が差し込み、穏やかな秋を感じる10月21日午前10時すぎから、新潟戦に向けて浦和の試合前日練習が始まった。

選手たちは、YBCルヴァンカップ優勝からすっかり気持ちをリーグ戦に切り替えていたが、非常にリラックスした雰囲気でアップが始まった。

2グループに分かれて行われた通称「鳥かご」のボール回しでも選手たちからは笑顔が見られ、基本のパス練習では森脇良太選手が那須大亮選手から足下にピッタリと合うロングボールを受けると「グットボール!大ちゃん!」と声を掛け、ボールが逸れると「ファンクだね!」と叫び声を上げていた。

アップが終わり、水分補強するとミシャ監督は選手たちに声を掛けてフリー練習とした。

YBCルヴァンカップ決勝で、G大阪と120分の死闘を繰り広げただけあって、浦和は満身創痍。選手のコンディションを考慮したものと思われる。

(残り 1099文字/全文: 1498文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ