浦和フットボール通信

MENU

河合貴子のレッズ魂ここにあり!「いざ行かん!『真の日本一』へ」

J開幕から浦和レッズを追いかけている”タカねえ”こと河合貴子さんによる浦和レッズコラム。毎週、タカねえの独自視点の浦和レッズを語ります。

1kz08312_r

選手たちが試合前にする験担ぎもそれぞれ

浦和が、10年ぶりにシャーレを掲げる!高ぶる気持ちを抑えながら、その時を信じて待っている。あと、90分だ!最後の笛が埼玉スタジアムの夜空に鳴り響く瞬間、「真の日本一」が決まる。

浦和は、試合巧者のゲーム運びを見せてチャンピオンシップ決勝第1戦のアウェイ鹿島で1-0と勝利を収めた。浦和が先制するまでは、当然のように鹿島は浦和対策を練ってブロックをつくり、ボールサイドに素早くスライドする守備をして浦和の攻撃を封じ込めてカウンター狙いで遣って来た。鹿島が一番狙いたいカウンターのパターンは、浦和のストッパーが攻撃参加で上がった裏のスペースであった。

だが、浦和はその鹿島の対策の上をいく闘いを見せた。いつも浦和であれば、ストッパーの槙野智章選手や森脇良太選手がオーバーラップして攻撃的な姿勢を出していく。だが、第1戦の鹿島戦では、ほとんど両ストッパーはリスクを冒して上がることは無かった。

森脇選手は「守備的な闘い方と言ったら、少しおかしいが」と前置きをして「リスクを冒さないと言うのではなく、鹿島の守備は、DF4枚で対応してボランチ1枚が柏木をケアしてきた。その裏をかく意味で、何を鹿島がされたら嫌かを考えて嫌がることをしよう」と考えてプレーをしていたのだ。鹿島が、前半に放ったシュートは1本もない。鹿島のビックチャンスは、後半の立ち上がりに不用意に自陣でボールを奪われてショートカウンター気味に遠藤康選手に西川周作選手と1対1の決定的なシーンぐらいであった。

第1戦を征したことにより、鹿島は2点以上の差をつけて第2戦に勝たなければ栄光を手に入れることが出来ない。第1戦の敗戦から鹿島は、攻撃的にくるだろう。当然、浦和の両ストッパーが上がらない対策を練ってくると思う。

森脇選手は「うちの3DFに対応してくるならば、逆にサイドのローテーションに切り替えれば良い。臨機応変に対応するだけだ」と浦和が上手くゲームコントロール出来るイメージを持っていた。

第1戦を終えて阿部勇樹選手は「まだ何も決まっていないし、何も手にしていない。次は同じようにゲームが進むとは全く思っていないし、もっと難しいゲームになると思う。けど、自分たちが持っている物を相手を恐れずに、もちろんリスペクトはしているけど、自分たちがどれだけ怖がらずにこの1年戦ってきたことを3日に出せるか。それが一番重要だと思う。変に力まず、いつも通り頑張りたいと思う」と平常心で闘う。

今シーズンの浦和は、そう簡単には崩れないと思う。第一に鹿島の攻撃力に恐さを感じない。恐いのは、セットプレーからの失点と不用意なパスミスからのカウンターだ。試合には、筋書きなどない。何が起こるか分からない恐さは正直なところある。そこで、選手たちに験を担ぐことや試合前に必ずすることなどを尋ねてみた。

浦和の選手たちは、勝負パンツとして赤いパンツを履いている選手が多い。

遠藤航選手は「験担ぎではないけど、試合のときはボクサーパンツでレッズカラーの赤だ。トランクスは、中学生ぐらいまでじゃないかな。高校生ぐらいから格好が良いボクサーパンツでしょう。男は、だいたいボクサーパンツだ。赤いボクサーパンツは、3~4枚持っている。僕以外でも赤いパンツ履いている選手はいるよ」と教えてくれた。遠藤選手は、浦和に移籍してから赤いボクサーパンツで試合に挑んでいた。

「僕も毎回、赤いパンツ」と話す武藤雄樹選手は、少し照れながら「僕がゴールを決めるとみなさんお寿司を食べてるので、僕がゴールを決まられるように試合前にお寿司を食べて、パワーを送って欲しいと呼びかけて下さい」と話した。

また、試合前日に選手たちはホテルに必ず前泊をする。そして試合当日は、キックオフ時間に合わせて試合食を食べてからホテルを出発する。試合食後、出発時間まで約1時間の余裕がある。その間は、選手がそれぞれ試合に向けて貴重な時間を過ごすわけだが、何と爪の手入れを必ずする選手がいた。西川周作選手である。遠征先で美容室に行って髪の手入れをするなど身だしなみには人一倍、気を遣う選手だと聞いたことがあった。いかにもお洒落な西川選手らしいが、GKにとって手は本当に大切だ。爪ひとつにも気を遣っていたのだ。西川選手は「出発する前に、爪を磨いている。爪の強化もあるし、厚くしたり、ベースコートとか塗って試合に向かう。爪が綺麗だと気分も良くなる。女性の気持ちが分かる」と笑った。

思わず西川選手の爪を見ると、綺麗に爪がカットされているだけで無く、厳つい男性の手と思えないぐらいつやもあり薄らとしたピンク色で輝いた爪であった。羨ましいぐらい綺麗で、手入れが行き届いていた。西川選手は「細かい作業で集中するには、良いウォーミングアップだ」と無心になって爪の手入れをしていた。

赤パンツの選手たち、武藤選手がゴールを決めることを信じてお寿司を食べる浦和を愛する人々、爪を磨く西川選手の姿など想像するだけで思わず笑みがこぼれた。「真の日本一」が決まる大一番を前に、すっと肩の力が抜けた。プレッシャーに押しつぶされる選手も浦和を愛する人々も居ない。シャーレを手にするのは、浦和だ。だから、仲間を信じて共に闘う!楽しんで行こう!いざ行かん「真の日本一」へ!!

Q.精神的な疲労について教えて下さい。

A.運動をし過ぎることにより精神的に疲れると、身体の中のホルモンのバランスが崩れて筋肉の回復を遅らせてしまいます。オーバーユース症候群中には、精神的疲労もあります。意欲が落ちれば、ホルモンの分泌が悪くなりパフォーマンスが落ちてしまいます。軽いトレーニングをしながら、リフレッシュすることが大切です。トレーナーさんたちが、メニューを作り食事管理し、乳酸値を図ったりケアーをしていきます。40℃ぐらいのお風呂にゆっくりと浸かりリラックスして疲れを取ると良いでしょう。

川久保誠 profile
1981年慶應義塾大学医学部整形外科教室入局。93年医学博士。94年英国リーズ大学医学部大学院へ留学、修士課程修了。96年より慶應義塾大学病院膝関節・スポーツ外来担当。東京歯科大学市川病院整形外科講師を経て2004年4月より川久保整形外科クリニック院長となる。浦和レッズレディースのチームドクターも務めた。

川久保整形外科がリニューアル開院しました。平成28年5月6日(金)より新クリニックにて診療を開始しています。MRIなど最新施設を備えて、より良い環境の下での医療とサービスをご提供していきます。http://www.kawakubo-clinic.jp/

 

(残り 0文字/全文: 2784文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

パートナーサイト

ページ先頭へ