浦和フットボール通信

MENU

川上信夫「浦和と柏。レッズとレイソル。」(1/11)

わずか数年前には立場は逆だったはずである。記憶にあたらしい昨季リーグ戦最終戦。レッズの不甲斐なさを差し引いても、熟達したアウェー戦のゲームメークでJ1初制覇を決めた柏レイソル。その強さの前に埼玉スタジアムは完全に沈黙した……。
かつて古河電工を加えて“丸の内御三家”と称された三菱時代からのライバルの変貌には、どのような伏線があったのか。折しもレッズの「三菱体質」が指摘される中、現役時代はレイソル前身の日立のエースとして活躍した川上信夫Jリーグ・マッチコミッショナーは両クラブの現状をどのように捉えるのか。旧浦和市出身、浦和西高校全国制覇のメンバーでもある氏の談話からは、10年後の未来までを見すえたレッズへのエール。そしてレッズ指揮官への就任要請も報じられた後輩、西野朗氏(浦和西高校、日立OB)へのメッセージも聞くことができた。   (浦和フットボール通信編集部)

川上信夫(かわかみ・のぶお) プロフィール
1947年、旧浦和市生まれ。Jリーグ・マッチコミッショナー。埼玉大学附属中学を経て名将・仲西駿策監督率いる浦和西高校サッカー部に入部。65年岐阜国体において全国制覇を達成。立教大学卒業後に日本リーグ・日立製作所(現柏レイソル)に入社。以降78年まで同社サッカー部主力としてプレーする。日本サッカーにおけるリベロの草分け的存在となりリーグ制覇1回、天皇杯制覇2回。日本代表としても屈指のヘディング能力を活かしたディフェンダーとして活躍し、日本代表Aマッチ41試合、A代表通算出場105試合。来日したロン・デービス(サウザンプトン)、エウゼビオ・ダ・シルバ(ベンフィカ・リスボン)、アラン・ムレリー、マーチン・チバース(トットナム・ホットスパー)、ペレ(サントスFC)、ウォルフガング・オベラート(FCケルン)、ウーベ・ゼーラー(ハンブルガーSV)、カールハインツ・ルンメニゲ、ゲルト・ミュラー、フランツ・ベッケンバウアー(バイエルン・ミュンヘン)ら、錚々たる世界的名手とのマッチアップを経験した。西ドイツ、アルゼンチン両W杯(74年、78年)予選、モントリオール五輪(76年)予選先発メンバー。JSLベストイレブン選出2回。70年代の日本代表を牽引したURAWAのレジェンドである。

【躍進レイソルがたどった“変革への模索”】

浦和フットボール(以下UF):川上さんが活躍された日立製作所サッカー部を前身とする柏レイソルが、一昨年のJ2制覇から一気にJ1も制覇する偉業を達成しました。日本開催のクラブワールドカップでもベスト4位に進出する大躍進。まずはOBとしてのご感想をお聞かせください。

川上信夫(以下川上):それはね、かつて日立でプレーした立場として嬉しいし、誇らしい気持ちがあります。ずいぶん少なくなってしまったけれど何人かの後輩たちがクラブスタッフとして頑張ってもいるので。でも何よりもまずは驚いた。その感覚がいちばん大きいね。あのブラジル人エース二人を中心に据えたプレーぶりは一時期の柏の戦術とはまったく異質でしょう? よくもまあ短期間のうちにチームとして生まれ変わり、あのような結束ができたものだなと。その意味で驚きました。

UF:やはりネルシーニョ・バプティスタ監督の本領発揮、ということなのでしょうか。

川上:ヴェルディでの経験はあるし、何より日本のサッカーとJリーグをよく知っているから。当然に彼の功績は大きかったと推測します。

Photo by (C) Kazuyoshi Shimizu

UF:しかしその柏レイソルにしても、お話しにあった通り紆余曲折がありました。05年と09年に2度にわたって降格を経験。特に05年の降格を挟んだ時代の迷走ぶりは深刻でした。

川上:ここまでの道のりは遠かったね(苦笑)。僕はJ開幕時にはすでにOBの立場だったから、つぶさにプロ化後の経緯や現場を知る立場にはないのだが……。せっかく育成年代の指導者をそろえてユース世代を育てても上手く強化に結びつかない。そういう時期がとても長かったように思います。いまは名古屋グランパスのGMをしている久米一正君や読売クラブ出身の竹本一彦さん(元読売ベレーザ監督、日本女子代表コーチ)をGMにすえて基礎づくりをしていたのですが、様々な苦労があったと聞いています。

UF:名古屋を強豪にする陰の立役者となった久米GMは、川上さんと同じく日立サッカー部の出身ですね。

川上:僕より8歳下だけど、中央大学OBで日立時代は一緒にプレーした時期もある仲です。ウチで(柏レイソルのこと)長く経験を積んだ後、清水エスパルスでもGMを務めた後に名古屋に入団して成果を収めた。クラブ戦力を掴むキャリアを体得しているのだと思う。ああいうポジションには経験値が大きく物を言いますから。

UF:とにかくURAWAから見ていての印象では、当時の西野朗監督(浦和西高校OB)が退任した後のレイソルには危機的な雰囲気を感じました。とりわけネルシーニョ監督その人を夏から招聘しながら建て直せなかった09年の降格劇は、古参のJリーグウォッチャーにとっては衝撃的。このままでは日立時代からの流れを受け継ぐ名門が「エレベータクラブ」に落ち着いてしまうのではとの論評も聞かれる事態でした。

(残り 3223文字/全文: 5377文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ