浦和フットボール通信

MENU

【This Week】週刊フットボールトーク Vol.100拡大版(8/9)

ロンドン五輪でのフットボールタウンは?インターハイ武南準優勝、全少で新座片山が優勝、FC東京戦について。

椛沢佑一(浦和フットボール通信編集長)× 豊田充穂 (コピーライター)

椛沢:ロンドン五輪観戦から豊田さんが帰ってきました。記念すべきフットボールトーク100号目になんとか間に合いましたね(笑)。今回は五輪観戦の他、欧州通信のラッセルとも会ってきたそうですね?

豊田:長らくのお休みで失礼しました。だいぶ前から本誌欧州担当・マンチェスター在住のマーク・ラッセルさんが主宰する「パンクサッカー」と連携をとる事務所への要請があり、ロンドン五輪開催も重なって時期を見計らっていた次第です。まあ、周囲の人たちにもお見通しで指摘されてしまっているが(笑)、直輝君や濱田水輝君が出場することを想定してのスケジュールだったことは否定しません。

椛沢:ロンドンで快進撃を見せる男女の日本代表チームをフットボールの母国イングランドで見られたのは貴重な体験でしたね。取材されたのはニューカッスルで行われたモロッコ戦ですよね?

豊田:そもそもパスも無いので取材とは言えないですね。観戦したのはそのモロッコ戦のみ。それもラッセルさんとゴール裏に陣取って君が代を歌って日本コールをするという「応援」そのものです。このポイントに関しても直輝君や原口元気君が選出されていれば、情況は違っていたのでしょうが……。ただ日本の五輪代表が男女とも予想を上まわる快進撃を続けているので(8月8日現在、女子決勝進出、男子三位決定戦)、メディア関係の仕事仲間からは「現地に行きながらよく見届けずに帰って来れますね」と呆れられている最中なわけで。

椛沢:なるほど(笑)。では豊田さんが見た五輪舞台となったサッカー母国の焦点は?

豊田:これは『浦和フットボール通信』読者の皆さんに共感してもらえる部分と思います。ローカルな熱を持つ北イングランドのクラブ地元の民衆が、オリンピックという現代のビッグイベントをどんな思考で迎え、どんな行動で反応するのか……それを探ろうというテーマを持って訪英しました。

椛沢:そのテーマに対するマーク・ラッセルの見解はどのようなものだったのでしょう。

豊田:それはもう「望むところ」という……。

椛沢:予想通りです(笑)。

豊田:平和を象徴する民族の祭典というオリンピックの側面を尊重しながらも、その風潮に染まらないフットボール・ライフはどのように継続されるのか。その雰囲気を伝えるために北部イングランドを象徴する幾つかのクラブのホームタウンとスタジアムを彼にコーディネートしてもらい、取材させてもらいました。

椛沢:半ばお祭り的な要素が強いオリンピックに対して、文化として根付くフットボールが、どう相まっているのか興味深いですね。日本においては、まだまだスポーツ文化が根付いていませんから、その考えを参考にしたいところです。

豊田:まあ、普通にオリンピックムードに乗っただけでは、『浦和フットボール通信』にはならないと思うので(笑)。そうそう、ちょうど本誌ウェブサイトで椛沢編集長と吉沢康一さんの緊急対談が掲載されていましたね。マーク・ラッセルさんとアンフィールド・スタジアムと周辺区域のサポーターを取材した当日夜に、彼とそのコーナーを読みました。通訳が即席で彼に対談内容を伝えたのですが、マークいわく「ミスター椛沢がゴール裏の意図を上手く引き出している。ここに書いてあるマインドは今日あなたとリバプールで取材した空気と同じじゃないか。私にはURAWAが持っている原点が理解できます」と……。

椛沢:イングランドで、あの対談をラッセルと読んでいたんですね。まるで示し合わせたようなタイミングですね(笑)。彼らがフットボール文化を構築するために何を考えて創ってきたのか、彼らが発信することで見えてくることもあるでしょうから楽しみです。

豊田:彼も「これはタイミングを合わせた連動企画ですか?」と笑っていました。ロンドンではなでしこジャパンが見事に決勝進出。男子は44年ぶりの銅メダルをかけて日韓戦に臨むという興味深い展開となっています。マーク・ラッセルほか北部イングランドのマニアたちが見た日本のプレーとサッカー界の印象等は、次号のこの対談コーナーで紹介しようと思っています。

(残り 1644文字/全文: 3409文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ