浦和フットボール通信

MENU

【This Week】週刊フットボールトーク Vol.101拡大版(8/16)

ロンドン五輪での日本の活躍をイングランドはどう見たのか?神戸戦について

椛沢佑一(浦和フットボール通信編集長)× 豊田充穂 (コピーライター)

椛沢:ロンドン五輪もあっという間に終わってしまいました。サッカーは、男子が4位。なでしこジャパンが銀メダルという結果に終わりました。男子はメキシコに敗れて3位決定戦に周り、韓国と対戦したわけですが、残念な結果に終わりました。結果こそ全ての試合で、結果を出すためのサッカーをしてきた韓国に対して、日本は成す術もなかったという印象です。良いサッカーをしたり、パスが繋がれば芸術点が貰えるわけではないので、勝つためにどうするべきかということも状況に応じて判断出来るようにしないといけないと思います。厳しいようですが、銅メダルで終わるか4位で終わるかは大きく評価が変わってしまう。そんな一戦だっただけに、勝負に拘る姿勢がもっと見たかったと思いました。豊田さんは現地で今回の五輪を観戦してきたわけですが、現地はどのような状況だったのでしょうか。

豊田:男子サッカーの予選リーグ・スペイン戦はロンドンのユーストン駅近くのパブでTV観戦。前日深夜に着き移動もあったので、ホテルから持ち出したスーツケースを抱えたままTV観戦しました。規約上の制限があるためTV中継をおおっぴらに行なっている飲食店は少なく、探すのにひと苦労。現地はまだ陽が高い夕刻でしたが、かなりの数のサッカーマニアの男性たちがビール片手に日本をサポート中でした。ソフトドリンクなんて飲んでたのは私だけ(笑)。ニューカッスルでのモロッコ戦もそうだったのですが、自分が日本人であることを差し引いても「JAPAN贔屓」のイングランド人がやたらと多かったですね。あのカードに関していえば現・欧州王者でユーロ2012も簡単に獲って行ったスペインに対する母国としてのヤッカミがあるのだと思う。加えて3.11で被災した日本に肩入れする心情を感じる機会も多かったです。ロンドンでは現地のなでしこ人気にも触れる機会がありました。スタンフォード・ブリッジを訪れていたサッカースクールの少年たちの多くが「ミス澤」を知っていた。やはり欧州のサッカー好きにとっては、フィジカルがない日本が機敏にプレーし、パスワークや献身的な動きで大柄な欧米チームに打ち勝つ姿は共感を得ていたようです。

椛沢:ははあ、欧州勢としては当然そういう意識はあるでしょうね。その意味も含めて、浦和レッズのプレーヤーもあのイレブンの中に残っていて欲しかった。初戦のスペイン戦は、日本国内でも注目度も期待感も低かったのは否めないですね。五輪前最後の壮行試合でも嫌な終わり方をしただけに、なおさら男子チームへの期待感は低かった。それが逆に戦いに集中させる環境を作ったのかとも思います。

豊田:タイムアップで日本の勝利が決まると店内ではひと騒ぎ起こりました。「もっと派手に喜びなよ」とばかり何人かが握手も求めてきたけど、レッズのプレーヤーがいない寂しさは否めなかった。ボルトンに移動して会ったマーク・ラッセルも、その件は非常に残念がっていました。「レッズサポーターの有無は、日本サポーターの勢いに影響を与えたに違いない」と……。

椛沢:レッズサポーター内では特に盛り上がりは低かったかもしれないですね。スペインに勝ったことで、やるじゃないか日本!という雰囲気は多少は出てきたかもしれないですが……。翌試合のモロッコ戦はスタジアムで観戦したそうですが、雰囲気はどうでしたか?

豊田:会場はニューカッスルだったのですが、案の定マンチェスターやリバプール、またボルトンやニューカッスルなど北部の地方都市においては「オリンピックはロンドンがやっていること。我々には関係ない」のスタンスが濃厚。試合会場となったセントジェームスパーク(5万2千人収容)も2階席はクローズだったし、目立つメディアクルーは日本のテレビ局ばかり。なのにサポーターのコールだけが、モロッコの方が数も多いしコールもでかい、という非常に悔しい情況でした。これはW杯ドイツ大会から痛切に感じていることなのですが……「現場での雰囲気作り」というポイント現状を放置すれば、日本サッカーは難しいカベに直面してしまう気がします。

(残り 3462文字/全文: 5210文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ