浦和フットボール通信

MENU

『ラッキーボーイ関根が値千金の決勝ゴール』 Jリーグ第31節横浜F・マリノス戦 ゴール裏からの試合レビュー(2014/11/4)

前節、敵地にて鹿島に先制を許すも引き分けに持ち込んだ、レッズは日産スタジアムに乗り込んでの横浜F・マリノス戦を迎えた。

試合前日に行われた2位のガンバはロスタイムに仙台に追いつかれて1-1の引き分けに終わるが、勝ち点差は2と迫られた。さらに、鹿島戦で、負傷した興梠慎三が腓骨骨折と診断され、長期離脱。攻撃の核としてワントップを張ってきた絶対的エースの不在は大きな痛手となることが予想された。

(残り 1110文字/全文: 1304文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ