浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】鹿島戦に向けて調整中。那須欠場の穴を埋めるのは誰か?(2015/9/23)

TAK_2147

秋の大型連休シルバーウィーク最終日に熱気が籠った練習

天高く爽やかな秋空に恵まれ、トンボが大原の練習場を飛ぶ穏やかな陽気に包まれた9月23日。昨日のファンサービスデーには、サインや写真を求めて約900人のファン・サポーターが来場した。秋の大型連休シルバーウィーク最終日となった今日は、400人を超えるファン・サポーターが見学に訪れ、ピッチに熱い視線を送っていた。

午前10時過ぎからアップが始まり、いつも通りに3グループに分かれて通称“鳥かご”のボール回しが行なわれた。しかし、西川周作選手だけがチームメイトの輪から外れ、軽くランニングを行なった後に、土田ゴールキーパーコーチの下で1対1のGK基本練習を行なう姿があった。

鳥かごのアップでは、槙野智章選手や那須大亮選手などがいるグループが一番明るく、ボールに対する細かい拘りを見せながらも笑顔で雰囲気を盛り上げていた。鳥かごが終わると、フィールドプレーヤーは3~4人1組でショートパスやロングボールなどストレッチを入れながらアップをしていた。GKの福島春樹選手、岩舘直選手、大谷幸輝選手、そして西川選手が揃いGK4人でキーパー練習が始まった。

アップが終わるとミシャ監督から声を掛けられた阿部勇樹選手は、話し込んだ後に別メニューとなり、次節を累積のため出場停止となった那須選手と一緒にコンディション調整を行なった。

(残り 1952文字/全文: 2531文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ