浦和フットボール通信

MENU

9年ぶりベスト4進出!!【河合貴子の試合レビュー】天皇杯準々決勝 ヴィッセル神戸戦<槙野、興梠、李、武藤、青木、西川、相馬、高橋(神戸)、ペトロヴィッチ監督コメントあり>(2015/12/26)

今日のポイント!!

前半に、いかにも浦和らしいコンビネーションプレーで試合を決定付けた。槙野選手が「後から見ていても、神戸の選手も「敵ながら上手い」と褒めるぐらい上手かった。ボールの無い選手の質が上がってきている。危険な走りも出来ている」と言うぐらい、3点ともビューティフルゴールであった。

そして、その後は次の準決勝を見据えた闘い方が出来た。ただ、後半にも数的優位を生かして点が欲しかったことは事実だ。

ミシャ監督は、ハーフタイムにも試合後にも「もっと点を獲りに行け。メリハリを持って遣れ!」とロッカールームで怒ったそうだ。だが、無理して相手の狙うカウンターに嵌らずに、ピッチの中で選手たちが上手くゲームコントロールをしていたことが、公式戦において10試合ぶりの無失点に繋がったと言える。試合全体を通して、大人のサッカーをしたと言っても良いだろう。

安定した闘いで3-0の完封勝ち

(残り 3371文字/全文: 3758文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ