浦和フットボール通信

MENU

河合貴子×椛沢佑一 浦和レッズ2015ライブディスカッション 「2015シーズンの選手たちを振り返る」

KAZ_6120

ボランチ起用で覚醒した柏木陽介

椛沢:各選手も振り返っていきたいと思いますが、今季目を見張る活躍だったと思う選手では、柏木選手は、今季からボランチを任されて、覚醒をした印象があります。

河合:ボランチを任せられる時に、最初は「俺はボランチではなくてシャドーの選手だ」と言っていたけれども、気持ちも変わって素晴らしいプレーを見せてくれたと思う。彼がよく言っていたのが「自分のプレーの出来次第で、チームの勝敗が変わる」というくらい責任感を持ってプレーをしていた。失礼ながら足の速い選手ではないけれども、本当に必死になって追いつかないだろうというボールも追いかけて、奪うんだという気持ちを持って走っている姿を見ると、彼はもう浦和の子だって思える選手になってきたと思う。

椛沢:役割を与えると人は成長すると言いますけど、まさにそれが当てはまる所があるのかもしれませんね。活躍が認められて、久しぶりの日本代表にも選出をされました。

(残り 2956文字/全文: 3363文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ