浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の試合レビュー】2016プレナスなでしこリーグ1部 第6節vs INAC神戸レオネッサ<長船、柴田、吉良、乗松、猶本コメントあり>

20160430-22-(C)Rimako Takeuchi

今日のポイント!!

なでしこリーグの中でも個人のスキルが高いテクニックとコンビネーションを持ち多彩な攻撃力があるINAC神戸に対して、浦和は守備ブロックを形成してゴール前を固めてカウンターを狙うやり方ではなく、今まで貫いて来た前線からのプレスで果敢に前に行き、闘う姿勢を見せた。

前半の神戸のビッグチャンスも身体を張った守備で良く耐えたと思うが、2失点目から崩れてしまった。神戸の4ゴールの内、CKからの流れのゴールが1つ、CK崩れからのゴールが2つと本当にもったいない失点であった。

長船加奈選手は「自分たちが前から守備に行く形は出来ていた。時間的にも続けたかったが、体力的にも落ちていった。守備しても攻撃に繋げずに苦し紛れのクリアーになっていた。CKの守備の集中力もあるし、上手いことに相手に零れてしまった。一回流れを切ってもう一度セットするやり方をしても良かった。失点したあとの立て直しが必要だった」と本当に悔しそうであった。

流れを切って、チームを落ち着かせることが出来なかったのが残念でならない。リードされてガックと崩れた流れを断ち切ることが出来なかったことが、大きく勝敗を分けてしまい、大敗に繋がってしまった。

吉田監督は「ゲームを落ち着かせる選手がいないが、みんなでやっていかないといけない」と話した。

柴田華絵選手は「勝たないと!」と気合いを入れ「みんな、気持ちが苦しい中で切り替えていく。戦術も大事だが、闘う中で前向きな姿勢をもっと出す!もっと、もっと走って、身体を張ってがむしゃらにやる」と気持ちを奮い立たせていた。その気持ちがあれば、必ず立て直すことは出来るだろう。

20160430-40-(C)Rimako Takeuchi

 

INAC神戸に無念の惜敗。初勝利が遠い5連敗

初夏の爽やかな日差しが溢れて新緑が眩しい中、なでしこリーグ第6節を迎え、浦和レッズレディースは奮起を誓いINAC神戸レオネッサをホーム浦和駒場スタジアムに迎えた。

浦和は、開幕の日テレ戦を引き分けて勝ち点1を獲得したものの、4連敗と最下位に沈んでいた。一方、対戦相手となる神戸は首位攻防の日テレ戦を落とし、前節は仙台と引き分けてはいるが、大野忍選手を初め、高瀬愛実選手、京川舞選手、川澄奈穂美選手などの多彩な攻撃陣に加えて、近賀ゆかり選手、田中明日香選手、鮫島彩選手など女子日本代表歴を誇る選手たちがスターティングイレブンに名を連ねていた。

(残り 2059文字/全文: 3044文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ